子供の入浴写真も…改正児ポ法「エロ動画保存」で逮捕される

公開日:  更新日:

 うっかりダウンロードしてしまったエロ動画、昔から持っていた少女の写真集、路地裏で買った裏DVD……18歳未満の作品はすぐさま処分したほうがいい。

 改正児童ポルノ法の猶予期間が過ぎ、15日からは児童ポルノを「単純所持」しただけで捕まってしまうからだ。突然、警察が自宅アパートに踏み込んできて、パソコンを調べられたあげく逮捕――。こんな事態が、誰にでも起こるようになる。

 ネット社会となった今、最も恐ろしいのはパソコンやスマホに保存している動画や画像だ。

「『ごみ箱』に入れるだけでは、元に戻すことができるのでダメです。仮に『ごみ箱』から削除しても、復元ソフトで復元できるので、アウトになる可能性が高い。完全に消すためには、完全消去ソフトを使ったり、ハードディスクを変えるしかありません。一番狙われるのは、ダウンロードで動画を買った人。すでに販売者側が逮捕されていれば、警察が購入者リストを入手しています。捜査に使われて“芋づる逮捕”もあり得ます」(多くの児童ポルノ事件を手掛けてきた奥村徹弁護士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る