子供の入浴写真も…改正児ポ法「エロ動画保存」で逮捕される

公開日:  更新日:

 うっかりダウンロードしてしまったエロ動画、昔から持っていた少女の写真集、路地裏で買った裏DVD……18歳未満の作品はすぐさま処分したほうがいい。

 改正児童ポルノ法の猶予期間が過ぎ、15日からは児童ポルノを「単純所持」しただけで捕まってしまうからだ。突然、警察が自宅アパートに踏み込んできて、パソコンを調べられたあげく逮捕――。こんな事態が、誰にでも起こるようになる。

 ネット社会となった今、最も恐ろしいのはパソコンやスマホに保存している動画や画像だ。

「『ごみ箱』に入れるだけでは、元に戻すことができるのでダメです。仮に『ごみ箱』から削除しても、復元ソフトで復元できるので、アウトになる可能性が高い。完全に消すためには、完全消去ソフトを使ったり、ハードディスクを変えるしかありません。一番狙われるのは、ダウンロードで動画を買った人。すでに販売者側が逮捕されていれば、警察が購入者リストを入手しています。捜査に使われて“芋づる逮捕”もあり得ます」(多くの児童ポルノ事件を手掛けてきた奥村徹弁護士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る