日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
河岸宏和
著者のコラム一覧
河岸宏和「食品安全教育研究所」代表

食肉処理場、総菜工場、配送流通センターなど35年にわたり食品業界の裏側を見てきた。著書に「激安食品が30年後の日本を滅ぼす!」(辰巳出版)。「食品安全教育研究所」代表。

<第8回>スーパーから返品された“賞味期限切れハム”が弁当に

(C)日刊ゲンダイ

 コンビニの弁当は弁当工場で作られ、仕入れや原料にかける費用の割合は決まっています。例えば、販売価格500円の商品の場合、仕入れは350円で、150円が店の利益、原料費は仕入れ価格の半分の175円です。

 そんなコンビニより安いのが、弁当屋チェーンの…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事