昭和生まれの<太郎><一郎>は実は“珍名”だった?

公開日: 更新日:

 2015年生まれの名前の1位は、男子が<大翔>で女子は<葵>。

 これは明治安田生命の名前ランキングだが、ユニークなのは読み方に“ひと癖”あることだ。1位の<大翔>はダイショウとは読まず、多い順からヒロト、ヤマト、ハルト、オウガ、ダイト。女子1位の<葵>も、訓読みのアオイのほかにヒマリ、アオなどと呼称する。

 また“翔”の流行は、今に始まったわけではないという。

「平成元年にはすでに翔太が1位になっており、大翔クンも父親の名前から一字を受け継いでいる可能性があります」(明治安田生命・広報担当者)

 昭和生まれの世代には<太郎>や<一郎>といった名前が懐かしいが、実は昭和元年から31年までの同社のデータでは、<太郎>や<一郎>はベスト10にすら入っていない。<太郎>や<一郎>は少なく、大正時代のごく初期に<一郎>がランキングの4~5位に顔を出す程度。昭和に入るとその影はまったく薄くなり、昭和の初めに圧倒的に人気があったのは<昭一><昭二>など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る