昭和生まれの<太郎><一郎>は実は“珍名”だった?

公開日:  更新日:

 2015年生まれの名前の1位は、男子が<大翔>で女子は<葵>。

 これは明治安田生命の名前ランキングだが、ユニークなのは読み方に“ひと癖”あることだ。1位の<大翔>はダイショウとは読まず、多い順からヒロト、ヤマト、ハルト、オウガ、ダイト。女子1位の<葵>も、訓読みのアオイのほかにヒマリ、アオなどと呼称する。

 また“翔”の流行は、今に始まったわけではないという。

「平成元年にはすでに翔太が1位になっており、大翔クンも父親の名前から一字を受け継いでいる可能性があります」(明治安田生命・広報担当者)

 昭和生まれの世代には<太郎>や<一郎>といった名前が懐かしいが、実は昭和元年から31年までの同社のデータでは、<太郎>や<一郎>はベスト10にすら入っていない。<太郎>や<一郎>は少なく、大正時代のごく初期に<一郎>がランキングの4~5位に顔を出す程度。昭和に入るとその影はまったく薄くなり、昭和の初めに圧倒的に人気があったのは<昭一><昭二>など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る