2016年バレンタインは日曜なのに “義理チョコ”増加のナゼ

公開日: 更新日:

 男性上司はドキドキ感が味わえそうだ。

 プランタン銀座が実施した「2016年版 バレンタインデーに関する女性の意識調査」によると、義理チョコ予算、個数は過去最高値なのだという。調査は、平均年齢39.5歳の女性324人(独身52%、既婚48%)が回答。義理チョコ1人当たりにかける予算は平均1346円(前年は1267円)で、義理チョコ準備予定数は、平均13.1個(同10.3個)となった。最高で700個なんて回答があるから驚く。

 贈る相手は、男性上司(53%)、男性同僚(38%)、父親(34%)、仕事関係男性(28%)、男友達(26%)の順。男友達は昨年のランク外からベスト5入りしている。

 それにしても、今年のバレンタインは日曜日のはず。なぜ、需要が増えているのか?

「回答者の約7割がOLさんで、当日ではなくても準備するようです。最近は上司と部下のコミュニケーションを円滑にするため、社内運動会などのイベントを開催する会社が増えています。関係構築のため、チョコを渡す文化が見直されているようです。また、今年はホワイトデーが平日であることから、お返しにも期待しているようですね」(同広報担当者)

 ちなみに本命チョコの予算は平均3270円で、自分チョコの予算は平均3359円。やっぱり自分が一番大事?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る