恋愛も人間関係も“損得”最優先 「コスパ男子」はなぜ増えた

公開日: 更新日:

 女性との接触よりも同性の友人や自分の時間を大切にしたい“絶食系男子”に続き、“コスパ系”なる若者が増えている。新聞やテレビも「結婚は『コスパが悪い』」とか「損得で考えるイマドキ男子」を特集し、20代の若者の意外なホンネが話題になっている。彼らの形に残る“カネ”と、“時間”の使い方へのこだわりは何より強い――。

「女性や他の人のためにお金を使う意義を感じません。格好つけるメリットはどこにあるのでしょうか」

 淡々と語るのは、早大院生の岡田弘志君(仮名、23歳)だ。シュッとした長身さわやか男子だが、恋愛には興味がない。

「セックスは必要性を感じません。子どももいりませんから、やる意味がない。結婚は、生活費、教育費、養育費もかかる。離婚すれば慰謝料も。意味のないことに時間をかけませんよ。こんな自分と恋愛すれば、相手にとっても、機会損失です。無駄な経済を排除するのがモットーで、そもそもなれ合いが苦手。バレンタインデー、母の日、父の日なんて、必要もないのに商戦に乗せられてるだけでしょう。余計な人間関係の構築はしません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?