恋愛も人間関係も“損得”最優先 「コスパ男子」はなぜ増えた

公開日:  更新日:

 女性との接触よりも同性の友人や自分の時間を大切にしたい“絶食系男子”に続き、“コスパ系”なる若者が増えている。新聞やテレビも「結婚は『コスパが悪い』」とか「損得で考えるイマドキ男子」を特集し、20代の若者の意外なホンネが話題になっている。彼らの形に残る“カネ”と、“時間”の使い方へのこだわりは何より強い――。

「女性や他の人のためにお金を使う意義を感じません。格好つけるメリットはどこにあるのでしょうか」

 淡々と語るのは、早大院生の岡田弘志君(仮名、23歳)だ。シュッとした長身さわやか男子だが、恋愛には興味がない。

「セックスは必要性を感じません。子どももいりませんから、やる意味がない。結婚は、生活費、教育費、養育費もかかる。離婚すれば慰謝料も。意味のないことに時間をかけませんよ。こんな自分と恋愛すれば、相手にとっても、機会損失です。無駄な経済を排除するのがモットーで、そもそもなれ合いが苦手。バレンタインデー、母の日、父の日なんて、必要もないのに商戦に乗せられてるだけでしょう。余計な人間関係の構築はしません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る