仏教会は猛反発 お布施定額「アマゾンお坊さん便」はアリ?

公開日: 更新日:

 インターネット大手通販「アマゾン」と「仏教会」の対立がどんどん激しくなってきた。コトの発端は、アマゾンが昨年12月から始めた「お坊さん便」。法要などの際、定額料金(3万5000円~)を払えば、僧侶が来てくれるサービスだ。

 もともと、葬儀などを仲介するベンチャー企業「みんれび」が2013年から始めたもの。アマゾンに出品したことで爆発的ヒットになった。普段、寺と接点がない都市部で人気のほか、明朗会計の「お布施」がウケている。

 これに対し、公益財団法人「全日本仏教会」が大きく反発。今月4日、「僧侶の宗教行為を定額の商品として販売することに大いなる疑問を感じる」との抗議文書をアマゾンに送りつけ、販売中止を求めている。要は、お布施の金額は決まっているものではなく、定額にすることは“宗教行為”でなくなるからやめてくれ、と言っているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る