藤原紀香は大丈夫? 再婚者「離婚率」米国で60%の衝撃

公開日: 更新日:

 この男性は見切りも早い。妻と気持ちがすれ違うと「もう修復できない」と感じ早々に離婚話を切り出す、ということを3回繰り返してきたそうだ。

「最初は経営者としての僕を支えたいと言ってくれるんですが、結婚するとその言葉がなくなるんですよね」と肩を落とす。

 前出の二松氏は、「再婚したのにまたうまくいかず、もっと理想の結婚スタイルがあるのではないかと夢見てしまう傾向の人は、別れてしまうでしょうね。もちろん、『自分のことは棚上げ』にしてしまうのが特徴です」と分析。

 再離婚をしないためには、「相手に価値観をすり合わせたり、許容できる力をつけて、理想とする生活のほうを変えてみることが必要です。相手の欠点が気になる人は“スルー力”を身につけること。それはそれで難しいのですが、自分のことを棚上げして『合わない』と結論づけてしまうと、同じことを繰り返すだけです」とアドバイスする。

 さて、冒頭の再婚芸能人たちに、その力があるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る