滞納が社会問題化も…意外にある「返さなくていい奨学金」

公開日:  更新日:

 大学4年間でかかる教育費は、自宅通学の私立文系で約670万円、下宿だと約1000万円にハネ上がる。授業料が安い国立でも、自宅通学で500万円だ。単純計算で、毎月10万~20万円ものカネを工面するのは、つらい。そこで、奨学金に頼る家庭が急増しているが、卒業後の滞納が社会問題に。日本学生支援機構によると、滞納者は12年度末で33万人と、98年の2倍以上に増えている。金銭的に苦しい家庭が、子供を大学にやるにはどうするか。「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏が言う。

「社会問題になっているのは、返済義務がある貸与型の奨学金。子供に受給させるなら、給付型の奨学金がお薦めです。給付額や給付期間は、運営団体によって異なりますが、返済義務がないのが大きな魅力。ところが、親は懐事情をさらけ出すことを嫌うのか、学校や塾などの先生に奨学金の相談をすることはほとんどなく、意外と知られていないのが実情です。給付型の奨学金は、大学独自のものから民間のものまでいくつもあります。入学前に、大学に問い合わせておくといい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る