滞納が社会問題化も…意外にある「返さなくていい奨学金」

公開日: 更新日:

 大学4年間でかかる教育費は、自宅通学の私立文系で約670万円、下宿だと約1000万円にハネ上がる。授業料が安い国立でも、自宅通学で500万円だ。単純計算で、毎月10万~20万円ものカネを工面するのは、つらい。そこで、奨学金に頼る家庭が急増しているが、卒業後の滞納が社会問題に。日本学生支援機構によると、滞納者は12年度末で33万人と、98年の2倍以上に増えている。金銭的に苦しい家庭が、子供を大学にやるにはどうするか。「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏が言う。

「社会問題になっているのは、返済義務がある貸与型の奨学金。子供に受給させるなら、給付型の奨学金がお薦めです。給付額や給付期間は、運営団体によって異なりますが、返済義務がないのが大きな魅力。ところが、親は懐事情をさらけ出すことを嫌うのか、学校や塾などの先生に奨学金の相談をすることはほとんどなく、意外と知られていないのが実情です。給付型の奨学金は、大学独自のものから民間のものまでいくつもあります。入学前に、大学に問い合わせておくといい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る