滞納が社会問題化も…意外にある「返さなくていい奨学金」

公開日: 更新日:

 大学4年間でかかる教育費は、自宅通学の私立文系で約670万円、下宿だと約1000万円にハネ上がる。授業料が安い国立でも、自宅通学で500万円だ。単純計算で、毎月10万~20万円ものカネを工面するのは、つらい。そこで、奨学金に頼る家庭が急増しているが、卒業後の滞納が社会問題に。日本学生支援機構によると、滞納者は12年度末で33万人と、98年の2倍以上に増えている。金銭的に苦しい家庭が、子供を大学にやるにはどうするか。「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏が言う。

「社会問題になっているのは、返済義務がある貸与型の奨学金。子供に受給させるなら、給付型の奨学金がお薦めです。給付額や給付期間は、運営団体によって異なりますが、返済義務がないのが大きな魅力。ところが、親は懐事情をさらけ出すことを嫌うのか、学校や塾などの先生に奨学金の相談をすることはほとんどなく、意外と知られていないのが実情です。給付型の奨学金は、大学独自のものから民間のものまでいくつもあります。入学前に、大学に問い合わせておくといい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  3. 3

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  6. 6

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  7. 7

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  8. 8

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  9. 9

    東京マラソン追随か 新型肺炎拡大でスポーツ界がピリピリ

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る