就活戦線でジワリ評判に 「奨学金肩代わり」企業が注目

公開日: 更新日:

 ブライダル関連のノバレーゼは計200万円を上限に、勤続5年目と10年目に100万円支給。

 遠州鉄道はグループ全体で▼運輸サービス職▼インストラクター職▼建設技術職▼介護職など、幅広い業種が対象だ。

「変わり種はリケジョにターゲットを絞ったトヨタグループの奨学支援プログラム。対象10社に入社すれば元金全額、他の製造メーカーに入った場合は半額が給付されます」(石渡嶺司氏)

 待機児童問題で保育士不足が浮き彫りになった保育業界では、保育所運営最大手のJPホールディングスが年間60万円を最長2年間給付する。

 奨学金返還に頭が痛い学生は門戸を叩いてみるべしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る