我が社にもいる? 職場を困惑させる「ゆとり世代」事件簿

公開日: 更新日:

 個性を伸ばすことばかりを重視して学力が伴わない「ゆとり世代」。年齢でいうと20~26歳がまたあちこちでやらかしている。そこで、彼らの特徴と事件簿を紹介する。

■思考が短絡的

「僕が目立って子供に夢を」と桃田は言ったが、ただ“目立てばいい”と短絡的に考えていたからボロが出た。その先にある想像力の欠如だ。ゆとり世代は教えてもらったことしかやらないし「ゆとりだから習っていない」と言い切るからタチが悪い。

 日本法規情報の調査では、ゆとり世代の12%が「自分で考えろ」と言われることに不満を持っている。

「入社早々社内で記念撮影、就業中にフェイスブックを更新。情報漏えいとか全く考えていない」(34歳・メーカー)

■プロ意識が低い

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る