我が社にもいる? 職場を困惑させる「ゆとり世代」事件簿

公開日: 更新日:

 個性を伸ばすことばかりを重視して学力が伴わない「ゆとり世代」。年齢でいうと20~26歳がまたあちこちでやらかしている。そこで、彼らの特徴と事件簿を紹介する。

■思考が短絡的

「僕が目立って子供に夢を」と桃田は言ったが、ただ“目立てばいい”と短絡的に考えていたからボロが出た。その先にある想像力の欠如だ。ゆとり世代は教えてもらったことしかやらないし「ゆとりだから習っていない」と言い切るからタチが悪い。

 日本法規情報の調査では、ゆとり世代の12%が「自分で考えろ」と言われることに不満を持っている。

「入社早々社内で記念撮影、就業中にフェイスブックを更新。情報漏えいとか全く考えていない」(34歳・メーカー)

■プロ意識が低い

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る