• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

我が社にもいる? 職場を困惑させる「ゆとり世代」事件簿

 個性を伸ばすことばかりを重視して学力が伴わない「ゆとり世代」。年齢でいうと20~26歳がまたあちこちでやらかしている。そこで、彼らの特徴と事件簿を紹介する。

■思考が短絡的

「僕が目立って子供に夢を」と桃田は言ったが、ただ“目立てばいい”と短絡的に考えていたからボロが出た。その先にある想像力の欠如だ。ゆとり世代は教えてもらったことしかやらないし「ゆとりだから習っていない」と言い切るからタチが悪い。

 日本法規情報の調査では、ゆとり世代の12%が「自分で考えろ」と言われることに不満を持っている。

「入社早々社内で記念撮影、就業中にフェイスブックを更新。情報漏えいとか全く考えていない」(34歳・メーカー)

■プロ意識が低い

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る