• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

最大でWHO基準の158倍も 米国「処方薬」に仰天の価格差

 アメリカの処方薬の販売価格をチェックし、国際基準と比較した調査結果が専門誌に初めて発表されました。それによれば、ジェネリックを含む処方薬の価格の中央値は、WHOが定める国際基準の38~158倍。それ以外の薬は11~21倍と、驚くほどの差がありました。

 調査を行ったのは、ボストン大学のリチャード・レイング教授。高コレステロール、高血圧、うつ病などWHOが現代の医療に最も重要と定めた50種類の治療薬を対象に、ボストン市内の独立系の薬局、ドラッグストア・チェーン、さらに薬局を持つ大型量販店での販売価格を調べました。

 レイング教授は「保険があるので実際に定価を支払っている患者は非常に少ない」としながらも、「それにしても高過ぎる。WHOはアメリカにおける薬価の目標値を国際基準の4倍としているが、大幅に上回っている」とコメント。調査したのはボストンですが、大都市はほぼ同じ状況と推測されるとのことです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る