被災地に新たなリスク 「たこつぼ心筋症」はどんな病気か

公開日:  更新日:

 熊本の被災地では、車中泊によって引き起こされる「エコノミークラス症候群」の拡大が懸念されているが、これに加えて新たな病気の危険性が指摘され始めた。「たこつぼ心筋症」と呼ばれる心疾患だ。

 強い精神的ストレスによって心臓の筋肉が収縮しにくくなり、左心室が「たこつぼ」のような形で膨らんだまま動かなくなることから命名された。正常に心臓から血液を送り出せなくなり、心筋梗塞と同様、対処が遅れれば命に関わる危険な病気だ。

「今回の地震は特に余震が多い。最初の震度7が本震かと思ったら、それよりもマグニチュードの大きい地震が起こり、被災者は『また大きな地震がくるのではないか』という強いストレスや恐怖を受け続けています。現在の状態は、たこつぼ心筋症の発生リスクを高めているのは間違いありません」(自治医科大学循環器内科主任教授・苅尾七臣氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る