大企業も続々導入 人工知能の“使い勝手”はここまで進んだ

公開日: 更新日:

――明日の朝、7時に起こしてくれる?
「了解しました。7時にアラームをセットしました」

――奥さんに「晩ごはんは何?」とメールを送っておいて。
「分かりました。本文はどのような内容にしますか」

――カレーライスがいいなあ。
「分かりました。メールを送ります」

 最近のスマートフォンは何かと便利だが、話しかけただけでこんなことまでしてくれるのだ。ちなみに、iPhoneの音声アシスタント機能「Siri」に、「彼女はいますか?」と問いかけると、「いいえ。以前、ロボットの掃除機にしつこく追い回されたことはありますけどね」と軽いジョークを飛ばしてきたりする。

 この「Siri」の応答はプログラミングされたものだが、人間とのやりとりを通して学習し、自分で仮説を立てる「人工知能」(AI)もメキメキと頭角を現してきている。例えば、人間の感情を理解するソフトバンクの人型ロボット「Pepper」は、米IBMの人工知能「ワトソン」を搭載したものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る