<第4回>飲食店やクラブで…夜の街でも被災地支援のススメ

公開日:  更新日:

 被災地支援は、夜の街でも広がっている。東京・芝公園の増上寺の赤門からすぐの「中国酒家 貘」は、まるで小龍包のようなスープたっぷりのギョーザが名物の中国料理店ながら、震災後のメニューには馬刺しと、からしれんこんが加わった(各680円)。

「オレが熊本出身だから少しでも応援しようと思ってね」(オーナー)

 この店では、震災前から太平燕(980円)も名物で、店の前には太平燕ののぼりも目立つ。そういえば、太平燕は中国・福建省がルーツの熊本ご当地グルメ。中国料理店のメニューに並んでも、何ら不思議はないか。

 すすめられるがまま、紹興酒のアテに、からしれんこんを頼む。れんこんの辛さが紹興酒の甘さを引き立て、酒が進む、進む。相性バツグンだ。

■銀座のクラブで女の子を指名するときも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る