<第4回>飲食店やクラブで…夜の街でも被災地支援のススメ

公開日:  更新日:

 被災地支援は、夜の街でも広がっている。東京・芝公園の増上寺の赤門からすぐの「中国酒家 貘」は、まるで小龍包のようなスープたっぷりのギョーザが名物の中国料理店ながら、震災後のメニューには馬刺しと、からしれんこんが加わった(各680円)。

「オレが熊本出身だから少しでも応援しようと思ってね」(オーナー)

 この店では、震災前から太平燕(980円)も名物で、店の前には太平燕ののぼりも目立つ。そういえば、太平燕は中国・福建省がルーツの熊本ご当地グルメ。中国料理店のメニューに並んでも、何ら不思議はないか。

 すすめられるがまま、紹興酒のアテに、からしれんこんを頼む。れんこんの辛さが紹興酒の甘さを引き立て、酒が進む、進む。相性バツグンだ。

■銀座のクラブで女の子を指名するときも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る