• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

識者も疑問符 スポーツ選手「大学教授任用」甘すぎる基準

「まさか? あの選手も……」

 別表を見てそんな声を上げる読者もいるだろう。

 今月24日に開幕する、リオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権(名古屋)に、陸上の男子ハンマー投げアテネ五輪金メダリストの室伏広治氏(41)が出場する意向を表明。実際に出てくれば大いに注目されるだろうが、この室伏氏が東京医科歯科大学の教授であることはあまり知られていない。室伏氏は、母校中京大学の大学院で博士号(体育学)を取得。同大学スポーツ科学部の准教授になり、14年10月から東京医科歯科大学教授に就任。アスリートのケアなどを行っているスポーツ医歯学診療センターに加えて、スポーツサイエンスセンターを立ち上げることになり、教授兼スポーツサイエンスセンター長の任務に就いている。

 ただ、この室伏氏のポストはミズノと東京医科歯科大学による「クロスアポイントメント制度」による教授職である。これは、大学、公的研究機関、企業のうち、2つ以上の機関と雇用契約を結べる制度で、優秀な教員を少ない報酬で確保しようとする苦肉の策だ。室伏の報酬はミズノと東京医科歯科大学の協議による配分で決められているのだ。大学は五輪の金メダリストである有名選手を「広告塔」として廉価なコストで雇用できるわけで、国立大学法人にとってこんなにいいことはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る