「ミラーレス車」解禁も…自動車業界が冷ややかなワケ

公開日: 更新日:

 18日から「ミラーレス車」の製造が解禁され、国の認証を得た新型車から公道で走れるようになる。どこまで普及するかが焦点になるが、業界の反応は「技術的な問題はありませんが、しばらくは各メーカーとも様子見になると思います」(自動車業界関係者)と冷ややかだ。

 イラストのようにバックミラーやサイドミラーの代わりに、カメラモニタリングシステム(CMS)を備えるミラーレス車は、従来車より後方の“視野”が広がるし、ミラーという“突起物”がなくなって抵抗が減り、燃費の向上にもつながりそうだ。新たな自動車のデザインが生まれるかもしれない、などのメリットがある。

 自動車ライターの佐藤篤司氏は「何かのきっかけがあれば普及するかもしれませんが」と前置きして、こう続ける。

「車は人間がコントロールするものというのが、自動車メーカーの基本的な考え方です。責任の所在をドライバーに置きたいからで、たとえばドライバーが運転しない『自動走行』の不具合で事故が起きれば、メーカーが責任を追う羽目になる。後方確認だって、最終的には“機械”ではなく、人間の目でやってもらいたい。取扱説明書でも、それを勧めている。要するに、技術的に可能だからといってメーカーが何でも導入したがるかといえば、それはまた別の話なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る