「ミラーレス車」解禁も…自動車業界が冷ややかなワケ

公開日:  更新日:

 18日から「ミラーレス車」の製造が解禁され、国の認証を得た新型車から公道で走れるようになる。どこまで普及するかが焦点になるが、業界の反応は「技術的な問題はありませんが、しばらくは各メーカーとも様子見になると思います」(自動車業界関係者)と冷ややかだ。

 イラストのようにバックミラーやサイドミラーの代わりに、カメラモニタリングシステム(CMS)を備えるミラーレス車は、従来車より後方の“視野”が広がるし、ミラーという“突起物”がなくなって抵抗が減り、燃費の向上にもつながりそうだ。新たな自動車のデザインが生まれるかもしれない、などのメリットがある。

 自動車ライターの佐藤篤司氏は「何かのきっかけがあれば普及するかもしれませんが」と前置きして、こう続ける。

「車は人間がコントロールするものというのが、自動車メーカーの基本的な考え方です。責任の所在をドライバーに置きたいからで、たとえばドライバーが運転しない『自動走行』の不具合で事故が起きれば、メーカーが責任を追う羽目になる。後方確認だって、最終的には“機械”ではなく、人間の目でやってもらいたい。取扱説明書でも、それを勧めている。要するに、技術的に可能だからといってメーカーが何でも導入したがるかといえば、それはまた別の話なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る