• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ミラーレス車」解禁も…自動車業界が冷ややかなワケ

 18日から「ミラーレス車」の製造が解禁され、国の認証を得た新型車から公道で走れるようになる。どこまで普及するかが焦点になるが、業界の反応は「技術的な問題はありませんが、しばらくは各メーカーとも様子見になると思います」(自動車業界関係者)と冷ややかだ。

 イラストのようにバックミラーやサイドミラーの代わりに、カメラモニタリングシステム(CMS)を備えるミラーレス車は、従来車より後方の“視野”が広がるし、ミラーという“突起物”がなくなって抵抗が減り、燃費の向上にもつながりそうだ。新たな自動車のデザインが生まれるかもしれない、などのメリットがある。

 自動車ライターの佐藤篤司氏は「何かのきっかけがあれば普及するかもしれませんが」と前置きして、こう続ける。

「車は人間がコントロールするものというのが、自動車メーカーの基本的な考え方です。責任の所在をドライバーに置きたいからで、たとえばドライバーが運転しない『自動走行』の不具合で事故が起きれば、メーカーが責任を追う羽目になる。後方確認だって、最終的には“機械”ではなく、人間の目でやってもらいたい。取扱説明書でも、それを勧めている。要するに、技術的に可能だからといってメーカーが何でも導入したがるかといえば、それはまた別の話なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る