針・糸なしでかばんが 「ボンド裁ほう上手」はなぜウケた

公開日:  更新日:

 コニシの接着剤ブランド「ボンド」から、新たなヒット商品が誕生した。針・糸なしで服のアレンジやかばんの製作などができる布用接着剤「ボンド裁ほう上手」がそれだ。2012年の発売以来、売り上げは右肩上がり。前年比50%以上増を続けており、15年度の販売本数は100万本を超えた。とにかく簡単で、接着したい部分に塗布して貼り合わせるだけ。さらにアイロンを使えばより速く接着。洗濯・ドライクリーニングOKな点もウケている。

 きっかけは、幼い子を持つ母親の「こんな商品があったらいいな」という声。それは手芸用雑誌を手がける出版社から代理店を通じてもたらされた情報で、「幼稚園に入る子どものために通園かばんや靴入れを作りたいが、裁縫は苦手。接着剤で簡単に貼り付けできないか」というものだった。

「もともと手芸用の接着剤は展開していたが、かばんは想定外。強度の面で工夫が必要と考え、独自樹脂“シリル化ウレタン”を基材に新たな商品を作った」(ボンド営業本部第一事業部長の石井隆康氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る