• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

針・糸なしでかばんが 「ボンド裁ほう上手」はなぜウケた

 コニシの接着剤ブランド「ボンド」から、新たなヒット商品が誕生した。針・糸なしで服のアレンジやかばんの製作などができる布用接着剤「ボンド裁ほう上手」がそれだ。2012年の発売以来、売り上げは右肩上がり。前年比50%以上増を続けており、15年度の販売本数は100万本を超えた。とにかく簡単で、接着したい部分に塗布して貼り合わせるだけ。さらにアイロンを使えばより速く接着。洗濯・ドライクリーニングOKな点もウケている。

 きっかけは、幼い子を持つ母親の「こんな商品があったらいいな」という声。それは手芸用雑誌を手がける出版社から代理店を通じてもたらされた情報で、「幼稚園に入る子どものために通園かばんや靴入れを作りたいが、裁縫は苦手。接着剤で簡単に貼り付けできないか」というものだった。

「もともと手芸用の接着剤は展開していたが、かばんは想定外。強度の面で工夫が必要と考え、独自樹脂“シリル化ウレタン”を基材に新たな商品を作った」(ボンド営業本部第一事業部長の石井隆康氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る