針・糸なしでかばんが 「ボンド裁ほう上手」はなぜウケた

公開日: 更新日:

 コニシの接着剤ブランド「ボンド」から、新たなヒット商品が誕生した。針・糸なしで服のアレンジやかばんの製作などができる布用接着剤「ボンド裁ほう上手」がそれだ。2012年の発売以来、売り上げは右肩上がり。前年比50%以上増を続けており、15年度の販売本数は100万本を超えた。とにかく簡単で、接着したい部分に塗布して貼り合わせるだけ。さらにアイロンを使えばより速く接着。洗濯・ドライクリーニングOKな点もウケている。

 きっかけは、幼い子を持つ母親の「こんな商品があったらいいな」という声。それは手芸用雑誌を手がける出版社から代理店を通じてもたらされた情報で、「幼稚園に入る子どものために通園かばんや靴入れを作りたいが、裁縫は苦手。接着剤で簡単に貼り付けできないか」というものだった。

「もともと手芸用の接着剤は展開していたが、かばんは想定外。強度の面で工夫が必要と考え、独自樹脂“シリル化ウレタン”を基材に新たな商品を作った」(ボンド営業本部第一事業部長の石井隆康氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る