21年ぶり前年比増 サッポロ「黒ラベル」復活に2つの勝因

公開日:  更新日:

 サッポロビールの主力ビール「黒ラベル」が好調だ。2015年はリニューアルや営業強化が実を結び、21年ぶりに前年を上回る売り上げを記録した。

 時代に先駆けて誕生した生ビール。それが黒ラベルだ。熱処理ビールが主役の70年代、飲食店では樽生ビールが人気を得ていたことから、サッポロビールは77年、いち早くびん入りの生「サッポロびん生」を発売した。狙いどおり、すっきりとした味わいがウケて大ヒット。右肩上がりに売り上げを伸ばす。89年には、愛称の「黒ラベル」を正式に採用。「サッポロ生ビール黒ラベル」となった。

 今や誰もが知るロングセラーブランドだが、長い歴史においては山あり谷あり。90年代後半からは苦戦が続いていた。それが昨年、21年ぶりの前年比アップである。勝因を探ってみれば、ひとつは「飲食店での黒ラベルブランド露出が高まり、小売店での取扱店が増えて、より“見える”ブランドになったこと」(ブランド戦略室の武田悟季氏=写真)が挙げられる。飲食店で飲む樽生が黒ラベルであることの認知を上げる取り組みの成果である。そして2つ目は、テレビCMのヒットだ。10年から若手実力派俳優・妻夫木聡氏を起用して、「大人の☆生」をコンセプトに展開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る