• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

21年ぶり前年比増 サッポロ「黒ラベル」復活に2つの勝因

 サッポロビールの主力ビール「黒ラベル」が好調だ。2015年はリニューアルや営業強化が実を結び、21年ぶりに前年を上回る売り上げを記録した。

 時代に先駆けて誕生した生ビール。それが黒ラベルだ。熱処理ビールが主役の70年代、飲食店では樽生ビールが人気を得ていたことから、サッポロビールは77年、いち早くびん入りの生「サッポロびん生」を発売した。狙いどおり、すっきりとした味わいがウケて大ヒット。右肩上がりに売り上げを伸ばす。89年には、愛称の「黒ラベル」を正式に採用。「サッポロ生ビール黒ラベル」となった。

 今や誰もが知るロングセラーブランドだが、長い歴史においては山あり谷あり。90年代後半からは苦戦が続いていた。それが昨年、21年ぶりの前年比アップである。勝因を探ってみれば、ひとつは「飲食店での黒ラベルブランド露出が高まり、小売店での取扱店が増えて、より“見える”ブランドになったこと」(ブランド戦略室の武田悟季氏=写真)が挙げられる。飲食店で飲む樽生が黒ラベルであることの認知を上げる取り組みの成果である。そして2つ目は、テレビCMのヒットだ。10年から若手実力派俳優・妻夫木聡氏を起用して、「大人の☆生」をコンセプトに展開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る