21年ぶり前年比増 サッポロ「黒ラベル」復活に2つの勝因

公開日: 更新日:

 サッポロビールの主力ビール「黒ラベル」が好調だ。2015年はリニューアルや営業強化が実を結び、21年ぶりに前年を上回る売り上げを記録した。

 時代に先駆けて誕生した生ビール。それが黒ラベルだ。熱処理ビールが主役の70年代、飲食店では樽生ビールが人気を得ていたことから、サッポロビールは77年、いち早くびん入りの生「サッポロびん生」を発売した。狙いどおり、すっきりとした味わいがウケて大ヒット。右肩上がりに売り上げを伸ばす。89年には、愛称の「黒ラベル」を正式に採用。「サッポロ生ビール黒ラベル」となった。

 今や誰もが知るロングセラーブランドだが、長い歴史においては山あり谷あり。90年代後半からは苦戦が続いていた。それが昨年、21年ぶりの前年比アップである。勝因を探ってみれば、ひとつは「飲食店での黒ラベルブランド露出が高まり、小売店での取扱店が増えて、より“見える”ブランドになったこと」(ブランド戦略室の武田悟季氏=写真)が挙げられる。飲食店で飲む樽生が黒ラベルであることの認知を上げる取り組みの成果である。そして2つ目は、テレビCMのヒットだ。10年から若手実力派俳優・妻夫木聡氏を起用して、「大人の☆生」をコンセプトに展開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る