• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ギャツビー「デオドラントボディペーパー」 は50代も愛用

 汗やニオイ、ベタつきをサッとふきとり爽快に。近年、身だしなみに気を使う男たちのあいだで、ボディーペーパーが夏の必須アイテムになっている。中でも人気は、ギャツビーのデオドラントボディペーパーだ。

 ギャツビーはマンダムが展開する男性化粧品ブランド。常にその時代の若者が求めるかっこよさに合わせた商品を提案しており、草分け的アイテムは多い。清涼成分メントール配合の制汗デオドラントシート「デオドラントボディペーパー」(医薬部外品)もそのひとつ。1998年の発売以来、男性用ボディーケア市場を牽引。売り上げナンバーワンを続けている。

「ブランドのコアターゲットは若者だが、ボディーペーパーについては使う人を選ばない。10代から50代まで幅広い利用がある」(商品PR室の村上真紀氏)

 先に登場したデオドラントパウダースプレー(94年発売)とフェイシャルペーパー(同96年)が始まり。いずれも好評を得たことから98年、両方の利点を取り入れた「デオドラントボディペーパー」の発売となった。さらにその流れの元をたどると喫茶店のおしぼりに行き着く。出されたおしぼりで顔や首をふく男たち。確かにベタつく汗は不快で、早くスッキリしたくなる。そこで外出先でも手軽に使えるよう発売したのがフェーシャルペーパーであり、その技術を生かし、より広い範囲に使えるアイテムとして誕生したのがボディーペーパーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る