累計販売数は8億5000万缶超 “ホテイのやきとり”誕生秘話

公開日:  更新日:

 ビールがうまい季節。「ホテイのやきとり」でおなじみ、ホテイフーズコーポレーションの「やきとり缶詰」に注目だ。1970年に世界初のやきとり缶として誕生以来、市場をリード。いまも年間約1700万缶を売り上げ、累計販売数は8億5000万缶を超える。

 元祖やきとり缶はいかにして生まれたのか。高度経済成長期。同社はそれまで輸出用ツナ缶を中心に事業を拡大してきたが、為替の変動相場制など社会情勢の変化から国内向け新商品開発が急務に。そこで目をつけたのが鶏肉だった。

「当時国内の鶏肉缶詰は大和煮などがある程度。そこで日本人なら誰でも知っていて、“お父さんの楽しみ”でもあるやきとりを、家庭でも手軽に食べてもらいたいと考えた」(販売管理部商品企画課の大木泰人氏)

 とにかくこだわったのは、国産鶏肉をいかに炭火で焼き上げるか。煙と格闘しながら来る日も来る日も試作を重ねたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る