• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

累計販売数は8億5000万缶超 “ホテイのやきとり”誕生秘話

 ビールがうまい季節。「ホテイのやきとり」でおなじみ、ホテイフーズコーポレーションの「やきとり缶詰」に注目だ。1970年に世界初のやきとり缶として誕生以来、市場をリード。いまも年間約1700万缶を売り上げ、累計販売数は8億5000万缶を超える。

 元祖やきとり缶はいかにして生まれたのか。高度経済成長期。同社はそれまで輸出用ツナ缶を中心に事業を拡大してきたが、為替の変動相場制など社会情勢の変化から国内向け新商品開発が急務に。そこで目をつけたのが鶏肉だった。

「当時国内の鶏肉缶詰は大和煮などがある程度。そこで日本人なら誰でも知っていて、“お父さんの楽しみ”でもあるやきとりを、家庭でも手軽に食べてもらいたいと考えた」(販売管理部商品企画課の大木泰人氏)

 とにかくこだわったのは、国産鶏肉をいかに炭火で焼き上げるか。煙と格闘しながら来る日も来る日も試作を重ねたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る