140万円もの差が 妻の「内助の功」で夫の年収は変わる

公開日:  更新日:

 既婚男性の年収は「妻のタイプ」によって違いが出てくるのか。

 マンダムが既婚女性897人を4タイプに分類し、夫の年収を比較。すると、驚きの結果が出てきた。

 まず、妻のタイプは、①最近のカップルに多い家事もいとわないような夫を持つ「セルフマネジメント妻」。②キャリア女性らに多い、夫は夫、妻は妻という「放任妻」。③草食系男子には都合がいいが、夫の服装も行動も自分好みに仕立てる「良妻“風”妻」。そして最後が、④専業主婦など昔ながらの内助の功タイプ「プロ妻」だ。

 今の世の中、最後の内助の功タイプは価値を低く見られがちだが、「プロ妻」の夫の年収を見ると平均791.7万円でトップ。「放任妻」の平均650.6万円と比べ、140万円もの大差がついた。

 ちなみに、「セルフマネジメント妻」の平均は717.9万円、「良妻“風”妻」が666.8万円だ。

「一見時代遅れに思われがちですが、いつの時代も妻に求められている役割は変わらず、夫を伸ばし、成長させるのはホメ上手な妻なのです」(夫婦・離婚問題相談室代表の鈴木あけみ氏)

 な~んだ、結局は妻の手のひらの上で転がされているだけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る