140万円もの差が 妻の「内助の功」で夫の年収は変わる

公開日: 更新日:

 既婚男性の年収は「妻のタイプ」によって違いが出てくるのか。

 マンダムが既婚女性897人を4タイプに分類し、夫の年収を比較。すると、驚きの結果が出てきた。

 まず、妻のタイプは、①最近のカップルに多い家事もいとわないような夫を持つ「セルフマネジメント妻」。②キャリア女性らに多い、夫は夫、妻は妻という「放任妻」。③草食系男子には都合がいいが、夫の服装も行動も自分好みに仕立てる「良妻“風”妻」。そして最後が、④専業主婦など昔ながらの内助の功タイプ「プロ妻」だ。

 今の世の中、最後の内助の功タイプは価値を低く見られがちだが、「プロ妻」の夫の年収を見ると平均791.7万円でトップ。「放任妻」の平均650.6万円と比べ、140万円もの大差がついた。

 ちなみに、「セルフマネジメント妻」の平均は717.9万円、「良妻“風”妻」が666.8万円だ。

「一見時代遅れに思われがちですが、いつの時代も妻に求められている役割は変わらず、夫を伸ばし、成長させるのはホメ上手な妻なのです」(夫婦・離婚問題相談室代表の鈴木あけみ氏)

 な~んだ、結局は妻の手のひらの上で転がされているだけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る