140万円もの差が 妻の「内助の功」で夫の年収は変わる

公開日: 更新日:

 既婚男性の年収は「妻のタイプ」によって違いが出てくるのか。

 マンダムが既婚女性897人を4タイプに分類し、夫の年収を比較。すると、驚きの結果が出てきた。

 まず、妻のタイプは、①最近のカップルに多い家事もいとわないような夫を持つ「セルフマネジメント妻」。②キャリア女性らに多い、夫は夫、妻は妻という「放任妻」。③草食系男子には都合がいいが、夫の服装も行動も自分好みに仕立てる「良妻“風”妻」。そして最後が、④専業主婦など昔ながらの内助の功タイプ「プロ妻」だ。

 今の世の中、最後の内助の功タイプは価値を低く見られがちだが、「プロ妻」の夫の年収を見ると平均791.7万円でトップ。「放任妻」の平均650.6万円と比べ、140万円もの大差がついた。

 ちなみに、「セルフマネジメント妻」の平均は717.9万円、「良妻“風”妻」が666.8万円だ。

「一見時代遅れに思われがちですが、いつの時代も妻に求められている役割は変わらず、夫を伸ばし、成長させるのはホメ上手な妻なのです」(夫婦・離婚問題相談室代表の鈴木あけみ氏)

 な~んだ、結局は妻の手のひらの上で転がされているだけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る