• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ニベアメン」はスキンケア初心者の中高年狙いで大成功

 男性用スキンケア市場が拡大を続けている。そのトップを走るのが、ニベア花王の「ニベアメン」だ。2002年に「ニベアフォーメン」として発売を開始し、ヒット商品に成長。とくに近年の好調ぶりは注目で、肌の悩みに合わせた商品展開でシェアを大きく伸ばすと、15年9月には名前も新たにリニューアル。ますます勢いを増している。

 ターゲットは30~50代のビジネスマン。本国ドイツではナンバーワンブランドとして支持を得ていたが、02年の上陸当時、日本の男性用スキンケア市場はアフターシェーブなどが主流で、「肌のお手入れ」の関心度は低め。浸透までは時間がかかったという。

「洗顔料やローションも揃う中、まずは、いまも定番の乳液『スキンコンディショナーバーム』をひげ剃りあとに使えるアイテムとして前面に出した。するとシェービングを入り口に、肌の乾燥が気になる人も使ってくれるようになり、スキンケアを意識した購入が増えていった」(研究所の伴和佳氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る