「ニベアメン」はスキンケア初心者の中高年狙いで大成功

公開日: 更新日:

 男性用スキンケア市場が拡大を続けている。そのトップを走るのが、ニベア花王の「ニベアメン」だ。2002年に「ニベアフォーメン」として発売を開始し、ヒット商品に成長。とくに近年の好調ぶりは注目で、肌の悩みに合わせた商品展開でシェアを大きく伸ばすと、15年9月には名前も新たにリニューアル。ますます勢いを増している。

 ターゲットは30~50代のビジネスマン。本国ドイツではナンバーワンブランドとして支持を得ていたが、02年の上陸当時、日本の男性用スキンケア市場はアフターシェーブなどが主流で、「肌のお手入れ」の関心度は低め。浸透までは時間がかかったという。

「洗顔料やローションも揃う中、まずは、いまも定番の乳液『スキンコンディショナーバーム』をひげ剃りあとに使えるアイテムとして前面に出した。するとシェービングを入り口に、肌の乾燥が気になる人も使ってくれるようになり、スキンケアを意識した購入が増えていった」(研究所の伴和佳氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  5. 5

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  6. 6

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る