「ニベアメン」はスキンケア初心者の中高年狙いで大成功

公開日:  更新日:

 男性用スキンケア市場が拡大を続けている。そのトップを走るのが、ニベア花王の「ニベアメン」だ。2002年に「ニベアフォーメン」として発売を開始し、ヒット商品に成長。とくに近年の好調ぶりは注目で、肌の悩みに合わせた商品展開でシェアを大きく伸ばすと、15年9月には名前も新たにリニューアル。ますます勢いを増している。

 ターゲットは30~50代のビジネスマン。本国ドイツではナンバーワンブランドとして支持を得ていたが、02年の上陸当時、日本の男性用スキンケア市場はアフターシェーブなどが主流で、「肌のお手入れ」の関心度は低め。浸透までは時間がかかったという。

「洗顔料やローションも揃う中、まずは、いまも定番の乳液『スキンコンディショナーバーム』をひげ剃りあとに使えるアイテムとして前面に出した。するとシェービングを入り口に、肌の乾燥が気になる人も使ってくれるようになり、スキンケアを意識した購入が増えていった」(研究所の伴和佳氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る