• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人の生活に定着 「ファブリーズ」大ヒットの“着眼点”

 イヤなニオイが一段と気になる季節。布用消臭スプレーのパイオニア、P&Gの「ファブリーズ」に注目したい。1998年の発売以来、洗いにくい布製品をスプレーで消臭・除菌するという新しい生活習慣を広めてきたファブリーズは、布用消臭スプレーで累計5億本超の販売実績を誇るとともに、部屋用やクルマ用など幅広く展開するエアケアブランドとして成長。15年には「ファブリーズメン」で男性身だしなみ市場にも参入し、好調な売れ行きを見せている。

 本国アメリカで誕生したファブリーズ。そもそもなぜ布なのか。答えは、「ニオイのもとは布にある」ということ。日本発売においては「どんなに掃除をしても残ってしまう家の中のイヤなニオイは、カーテンやソファなどの布製品が呼吸しているせいであり、ニオイを吸い込んでは吐き出していることを訴求するコミュニケーションを展開した」(P&Gジャパン広報部の田上智子氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る