素材探しに試行錯誤 大ヒット「ヨーグリーナ」誕生秘話

公開日: 更新日:

 サントリー食品インターナショナルのナチュラルミネラルウオーターブランド「サントリー天然水」が好調だ。昨年は、透明なのにヨーグルトのしっかりとした味わいが楽しめる「ヨーグリーナ&南アルプスの天然水」(以下ヨーグリーナ)が大ヒット。従来の果実系とは違う、新しいフレーバーウオーターとしてファン層を拡大している。

 サントリー天然水は1991年に「南アルプスの天然水」として誕生した。03年に「阿蘇」、08年には「奥大山」を採水地とする天然水も投入し、ブランドシェアは96年から20年連続トップ(同社調べ)と圧倒的強さを誇る。

「水源へのこだわりが人気の理由と考える。水は毎日飲むものだけに、おいしさはもとより、安心という信頼感も大事」(食品事業本部の辻佳予子氏)

 加えて近年は南アルプスの天然水をベースにしたシリーズ展開も強み。13年には無糖炭酸水「南アルプスの天然水スパークリング」を発売。そのまま飲めるおいしさで支持を得ている。そして14年、注目のフレーバーウオーターの登場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  6. 6

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  7. 7

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  8. 8

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    G7の菅首相を見て思う…せめて英会話を大臣の最低条件に

もっと見る