絶好調の「クリニカ」は予防をテーマに再スタートし成功

公開日: 更新日:

 ライオンのオーラルケアブランド「クリニカ」が絶好調だ。2014年に「予防歯科」をテーマに、歯科専門家が勧めるセルフケアを実現するシリーズとして一新。予防の重要性を説く情報発信とラインアップ拡充により、2年連続2ケタ成長を続けている。

 クリニカは1981年、虫歯の原因となる歯垢(プラーク)を酵素で分解する虫歯予防ハミガキ(歯磨き剤)として誕生した。

「当時は小学生の虫歯罹患率が高い時代。ハミガキで何とか歯垢の除去ができないかと考え、日本で初めて酵素(デキストラナーゼ)を配合した」(オーラルケア事業部ブランドマネジャーの横手弘宣氏)

 90年代にはプラークコントロールをうたう「PCクリニカ」が大ヒット。歯ブラシや歯間清掃用具なども投入し、オーラルケアブランドとして大きく成長した。一方で時代とともに高まるパーソナルなニーズ。ターゲットを絞った商品が存在感を増す中、クリニカはいつしかファミリー向けの無難なハミガキというイメージになっていたことから、14年に新展開。「予防歯科」をテーマにリスタートを切ったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る