群馬サファリでクマが飼育員襲う 他パークの安全対策は?

公開日: 更新日:

 群馬サファリパークで女性飼育員(46)がツキノワグマに襲われて死亡した事故。同園は「事故の経緯は調査中なので詳しいコメントは控えさせてください」と言うが、園内を巡回車で回っている最中に胸と脇腹をかまれて死亡とはショッキングな話だ。

「気になるのは巡回車の窓についていた直径2センチのステンレスパイプ。車窓にネジ留めしたもので、クマはこれを壊して車内に侵入した。力の強いクマにとって、パイプの破壊などは造作もないことだったでしょう。襲われた巡回車にはサルのエサが積まれていました」(地元関係者)

 クマは1日1食で、毎日閉園後にエサを与えられている。問題のクマが飢えていたわけでもないようだ。

■富士サファリパークは鋼鉄製の網格子

 気になるのは他のサファリパークだ。どんな安全対策をしているのか。富士サファリパークに問い合わせたところ、ジープの車窓に鋼鉄製の網格子を溶接しているとのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る