• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

群馬サファリでクマが飼育員襲う 他パークの安全対策は?

 群馬サファリパークで女性飼育員(46)がツキノワグマに襲われて死亡した事故。同園は「事故の経緯は調査中なので詳しいコメントは控えさせてください」と言うが、園内を巡回車で回っている最中に胸と脇腹をかまれて死亡とはショッキングな話だ。

「気になるのは巡回車の窓についていた直径2センチのステンレスパイプ。車窓にネジ留めしたもので、クマはこれを壊して車内に侵入した。力の強いクマにとって、パイプの破壊などは造作もないことだったでしょう。襲われた巡回車にはサルのエサが積まれていました」(地元関係者)

 クマは1日1食で、毎日閉園後にエサを与えられている。問題のクマが飢えていたわけでもないようだ。

■富士サファリパークは鋼鉄製の網格子

 気になるのは他のサファリパークだ。どんな安全対策をしているのか。富士サファリパークに問い合わせたところ、ジープの車窓に鋼鉄製の網格子を溶接しているとのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る