• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中高年にうってつけの食材 クジラ肉の意外なパワーに注目

 疲れ気味のサラリーマンに朗報だ。高タンパクで低脂肪&低カロリーのスタミナ食として知られるクジラの肉が、慢性疲労や筋肉疲労の予防・改善にもいいという。

 クジラ肉というと、50代半ば以上のサラリーマンなら、懐かしく思う人が多いはず。そう、学校給食でよく食べた竜田揚げを思い出す。最近は居酒屋メニューでも見かけることが減ったので、20代、30代のサラリーマンには馴染みが薄いかもしれない。

■バレニン摂取で疲れ知らず

 日本捕鯨協会によると、そのクジラ肉、特に赤身肉に含まれるバレニンと呼ばれる成分が、抗酸化力を高めて“抗疲労力”をアップさせるという。習慣的にクジラ肉を取ることによって、疲れにくいカラダになるというわけ。何より、クジラがあの大きな体で数千キロも泳ぎ続けることができるのは、バレニンのおかげと推測されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る