日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中高年にうってつけの食材 クジラ肉の意外なパワーに注目

 疲れ気味のサラリーマンに朗報だ。高タンパクで低脂肪&低カロリーのスタミナ食として知られるクジラの肉が、慢性疲労や筋肉疲労の予防・改善にもいいという。

 クジラ肉というと、50代半ば以上のサラリーマンなら、懐かしく思う人が多いはず。そう、学校給食でよく食べた竜田揚げを思い出す。最近は居酒屋メニューでも見かけることが減ったので、20代、30代のサラリーマンには馴染みが薄いかもしれない。

■バレニン摂取で疲れ知らず

 日本捕鯨協会によると、そのクジラ肉、特に赤身肉に含まれるバレニンと呼ばれる成分が、抗酸化力を高めて“抗疲労力”をアップさせるという。習慣的にクジラ肉を取ることによって、疲れにくいカラダになるというわけ。何より、クジラがあの大きな体で数千キロも泳ぎ続けることができるのは、バレニンのおかげと推測されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事