魚離れの救世主に? 「フルーツフィッシュ」続々誕生中

公開日: 更新日:

 おもに柑橘を混ぜた餌で養殖する魚のこと。中国、四国、九州地方など柑橘の産地で盛んだ。

 九州地方では、大分県が特産品のカボスを使った「かぼすブリ」と「かぼすヒラメ」を販売。中国地方では、広島県大竹市の阿多田島漁協が広島県産レモンの果汁を混ぜた餌で育てたハマチを「あたたハマチto(と)レモン」と名づけ販売している。そのほか、山口県山口市の椹野川漁協が山口大学農学部と共同でミカンの果皮からの抽出物を餌に混ぜて育てた「柑味鮎」を売り出し中だ。

 四国地方は特に盛んで、徳島県の徳島魚市場が特産のスダチを使った「すだちぶり」を。高知県では宿毛市特産のスダチ「直七」を使った「直七真鯛」が。愛媛県では“みかんフィッシュ”として、「みかんブリ」や「みかん鯛」「ひめ柑育ちマハタ」「みかん愛ぶり」「みかん愛たい」などがブランド化されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る