魚離れの救世主に? 「フルーツフィッシュ」続々誕生中

公開日:  更新日:

 おもに柑橘を混ぜた餌で養殖する魚のこと。中国、四国、九州地方など柑橘の産地で盛んだ。

 九州地方では、大分県が特産品のカボスを使った「かぼすブリ」と「かぼすヒラメ」を販売。中国地方では、広島県大竹市の阿多田島漁協が広島県産レモンの果汁を混ぜた餌で育てたハマチを「あたたハマチto(と)レモン」と名づけ販売している。そのほか、山口県山口市の椹野川漁協が山口大学農学部と共同でミカンの果皮からの抽出物を餌に混ぜて育てた「柑味鮎」を売り出し中だ。

 四国地方は特に盛んで、徳島県の徳島魚市場が特産のスダチを使った「すだちぶり」を。高知県では宿毛市特産のスダチ「直七」を使った「直七真鯛」が。愛媛県では“みかんフィッシュ”として、「みかんブリ」や「みかん鯛」「ひめ柑育ちマハタ」「みかん愛ぶり」「みかん愛たい」などがブランド化されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る