• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

薬価高騰に一石 キューバ発のワクチンが肺がん患者を救う

 アメリカとキューバが国交を回復し、今年8月には定期便の飛行も再開されるなど両国は急速に歩み寄っています。そんな中、キューバ発のがんワクチンが肺がん治療のブレークスルーとして大きな注目を浴びています。

「CimaVax」と呼ばれるワクチンはキューバで開発され、臨床治療に使われています。腫瘍を直接攻撃する化学療法とは違い、2種類のタンパク質から構成される薬が人体の免疫システムを刺激。EGF(上皮細胞増殖因子)と呼ばれるタンパク質を制御し、EGFががんの腫瘍と接触してがん細胞が増殖するのを防ぐ働きがあります。つまり、肺にできた腫瘍が成長、転移するのを防ぎ、後期のステージにある腫瘍を治療可能なものにしようという仕組みです。

 このワクチンは、ペルー、パラグアイでもすでに使用され、コロンビアでも間もなく導入される予定。アメリカでも数年前から知られていましたが、キューバに対する経済制裁のために輸入することができませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る