シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

薬価高騰に一石 キューバ発のワクチンが肺がん患者を救う

公開日:  更新日:

 アメリカとキューバが国交を回復し、今年8月には定期便の飛行も再開されるなど両国は急速に歩み寄っています。そんな中、キューバ発のがんワクチンが肺がん治療のブレークスルーとして大きな注目を浴びています。

「CimaVax」と呼ばれるワクチンはキューバで開発され、臨床治療に使われています。腫瘍を直接攻撃する化学療法とは違い、2種類のタンパク質から構成される薬が人体の免疫システムを刺激。EGF(上皮細胞増殖因子)と呼ばれるタンパク質を制御し、EGFががんの腫瘍と接触してがん細胞が増殖するのを防ぐ働きがあります。つまり、肺にできた腫瘍が成長、転移するのを防ぎ、後期のステージにある腫瘍を治療可能なものにしようという仕組みです。

 このワクチンは、ペルー、パラグアイでもすでに使用され、コロンビアでも間もなく導入される予定。アメリカでも数年前から知られていましたが、キューバに対する経済制裁のために輸入することができませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る