• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

薬価高騰に一石 キューバ発のワクチンが肺がん患者を救う

 アメリカとキューバが国交を回復し、今年8月には定期便の飛行も再開されるなど両国は急速に歩み寄っています。そんな中、キューバ発のがんワクチンが肺がん治療のブレークスルーとして大きな注目を浴びています。

「CimaVax」と呼ばれるワクチンはキューバで開発され、臨床治療に使われています。腫瘍を直接攻撃する化学療法とは違い、2種類のタンパク質から構成される薬が人体の免疫システムを刺激。EGF(上皮細胞増殖因子)と呼ばれるタンパク質を制御し、EGFががんの腫瘍と接触してがん細胞が増殖するのを防ぐ働きがあります。つまり、肺にできた腫瘍が成長、転移するのを防ぎ、後期のステージにある腫瘍を治療可能なものにしようという仕組みです。

 このワクチンは、ペルー、パラグアイでもすでに使用され、コロンビアでも間もなく導入される予定。アメリカでも数年前から知られていましたが、キューバに対する経済制裁のために輸入することができませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る