• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地域で異なる男性不妊治療助成金 東京都で“太っ腹”は港区

 安倍政権が掲げるスローガン「少子化対策」の一環として2004年から始まった不妊治療助成金制度に、今年度から男性不妊治療助成金が新設されることになった。男性に要因がある場合で、夫から精子を採取する手術に、国が15万円を上限に助成するものだ。

 そもそも不妊治療助成金制度には、次の3つがある。

①国が出す助成金
②都道府県の助成金
③市区町村の助成金

 ①の国が出す助成金は夫婦合算所得が730万円未満など諸条件をクリアすれば誰でも受けられる。②の都道府県、③の市区町村は、地域によってバラバラだ。

 東京都の場合、都の男性不妊治療に対する助成金は設けていないが、区は独自の男性不妊治療助成金制度を導入している。23区中もっとも手厚いのが港区だ。特定不妊治療に至る一環で、「精巣内精子生検採取法」(TESE)、「精巣上体内精子吸引採取法」(MESA)などの手術を行う場合、1年度15万円まで支給する。しかも所得制限はナシ。夫婦の合算所得額が730万円以上あり、国の助成金をもらえなかった人にはうれしいニュースだ。もちろん、国の助成(上限15万円)との併用も可能なので、一般的な男性不妊治療の費用30万円程度をすべて賄えることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る