櫻井寛氏が選ぶ 一度は乗ってほしい「観光列車」ベスト7

公開日: 更新日:

愛情たっぷり設計

 10月14日は「鉄道の日」。今年は現美新幹線(JR東日本)、伊豆クレイル(同)、ながら(長良川鉄道)、「52席の至福」(西武鉄道)など観光列車が続々デビューした。2013年からJR九州が走らせている超豪華列車「ななつ星in九州」は、いまだに予約が取れない状況。シニアやミドルの夫婦2人旅こそ観光列車でゆったり各地を回りたい。

 7位の「伊予灘ものがたり」(JR四国、14年デビュー)は、松山―伊予大洲駅・八幡浜駅間を走る。松山ゆかりの夏目漱石「坊っちゃん」をイメージし、クルーが“マドンナ”に扮している。

「ピンクのエプロン姿で、坊っちゃん団子などを運んでくれます。デザイナーは入ってなくてJR四国の社員が企画している分、愛情もこもっています。座席は海側が低く、山側は高く設計している。途中、タヌキが出ることで知られる五郎駅(通過駅)があり、駅長さんが、タヌキの着ぐるみ姿で手を振ってくれるんですよ」

 ビューポイントは下灘駅。遮るものなく海が見える。夕日を撮るために乗る人も多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る