• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アナログが新鮮 懐かしの「名曲喫茶」で昭和レトロを堪能

 芸術の秋とかしこまることはないが、休日に心を落ち着けてクラシック音楽に耳を傾けてみるのも悪くないだろう。「名曲喫茶」なら、サウンドはもちろん、昭和風情を堪能できる。

 荻窪駅から歩いて3分の「名曲喫茶ミニヨン」は創業55年の老舗だ。カウンター前には、約5000枚のレコードがびっしりと並んでいる。初代の深澤千代子ママの後を継いだ2代目ママはこう話す。

「ママがよく言っていました。『昔はどこの駅の周りにも一つは名曲喫茶があった』って。昭和のころは、レコードやオーディオは高級品で、個人ではなかなか買えなかった。このようなお店で目当ての一曲を聴くという人が多かったんですね」

 音楽を聴く手段はレコードからカセット、CDに変わり、ネットでデータをダウンロードして気軽に聴ける。それでも、選りすぐりの音響スペースでコーヒー片手にゆっくりとアナログの音を楽しみたい客はいる。ミニヨンならコーヒー1杯450円。周りの喫茶店と変わらない料金だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る