アナログが新鮮 懐かしの「名曲喫茶」で昭和レトロを堪能

公開日:  更新日:

 芸術の秋とかしこまることはないが、休日に心を落ち着けてクラシック音楽に耳を傾けてみるのも悪くないだろう。「名曲喫茶」なら、サウンドはもちろん、昭和風情を堪能できる。

 荻窪駅から歩いて3分の「名曲喫茶ミニヨン」は創業55年の老舗だ。カウンター前には、約5000枚のレコードがびっしりと並んでいる。初代の深澤千代子ママの後を継いだ2代目ママはこう話す。

「ママがよく言っていました。『昔はどこの駅の周りにも一つは名曲喫茶があった』って。昭和のころは、レコードやオーディオは高級品で、個人ではなかなか買えなかった。このようなお店で目当ての一曲を聴くという人が多かったんですね」

 音楽を聴く手段はレコードからカセット、CDに変わり、ネットでデータをダウンロードして気軽に聴ける。それでも、選りすぐりの音響スペースでコーヒー片手にゆっくりとアナログの音を楽しみたい客はいる。ミニヨンならコーヒー1杯450円。周りの喫茶店と変わらない料金だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る