アナログが新鮮 懐かしの「名曲喫茶」で昭和レトロを堪能

公開日: 更新日:

 芸術の秋とかしこまることはないが、休日に心を落ち着けてクラシック音楽に耳を傾けてみるのも悪くないだろう。「名曲喫茶」なら、サウンドはもちろん、昭和風情を堪能できる。

 荻窪駅から歩いて3分の「名曲喫茶ミニヨン」は創業55年の老舗だ。カウンター前には、約5000枚のレコードがびっしりと並んでいる。初代の深澤千代子ママの後を継いだ2代目ママはこう話す。

「ママがよく言っていました。『昔はどこの駅の周りにも一つは名曲喫茶があった』って。昭和のころは、レコードやオーディオは高級品で、個人ではなかなか買えなかった。このようなお店で目当ての一曲を聴くという人が多かったんですね」

 音楽を聴く手段はレコードからカセット、CDに変わり、ネットでデータをダウンロードして気軽に聴ける。それでも、選りすぐりの音響スペースでコーヒー片手にゆっくりとアナログの音を楽しみたい客はいる。ミニヨンならコーヒー1杯450円。周りの喫茶店と変わらない料金だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る