アナログが新鮮 懐かしの「名曲喫茶」で昭和レトロを堪能

公開日:  更新日:

 芸術の秋とかしこまることはないが、休日に心を落ち着けてクラシック音楽に耳を傾けてみるのも悪くないだろう。「名曲喫茶」なら、サウンドはもちろん、昭和風情を堪能できる。

 荻窪駅から歩いて3分の「名曲喫茶ミニヨン」は創業55年の老舗だ。カウンター前には、約5000枚のレコードがびっしりと並んでいる。初代の深澤千代子ママの後を継いだ2代目ママはこう話す。

「ママがよく言っていました。『昔はどこの駅の周りにも一つは名曲喫茶があった』って。昭和のころは、レコードやオーディオは高級品で、個人ではなかなか買えなかった。このようなお店で目当ての一曲を聴くという人が多かったんですね」

 音楽を聴く手段はレコードからカセット、CDに変わり、ネットでデータをダウンロードして気軽に聴ける。それでも、選りすぐりの音響スペースでコーヒー片手にゆっくりとアナログの音を楽しみたい客はいる。ミニヨンならコーヒー1杯450円。周りの喫茶店と変わらない料金だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る