• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10月14日は「鉄道の日」 話題の変わり種列車がこんなに

■「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」(JR東日本、16年デビュー)
 上越新幹線「越後湯沢―新潟間」を走る“美術館”列車。写真家で映画監督の蜷川実花氏をはじめとするアーティストが、外観や車両ごとに仕掛けをほどこしている。

 注目は、立体的な仕掛けを生み出す、アーティストの荒神明香氏。造花の花びらを解体し、張り合わせた全長11メートルの作品だ。

「どこを切り取っても違う景色が見えます。ソファに座って作品を見ると、まっすぐに伸びたカラフルな水平線が端から端までつながって見えます」(荒神氏)

 ピンクや黄、青の原色が鮮やか。プラレールを張り巡らせたキッズルームや地元スイーツが食べられるカフェスペースもある。

■「観光列車 ながら」(長良川鉄道、16年デビュー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る