理科大は就職支援サイト設立 今どき受験生は“率”より“質”

公開日:

 就職率より、優良企業内定率――。就職内定率95%の東京理科大が、就職・転職支援を行うビズリーチとキャリア教育支援の協定を結んだ。2014年に「東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社」を設立、ビズリーチと共同で就職支援サイト「ビズリーチ・キャンパス」を立ち上げる。

 在校生がオンライン上でOBやOGとつながるほか、企業の開催するイベント形式の交流会などに応募できるようになるという。OBらが講師となってキャリア教育の講座も開く予定。各企業の人事や先輩社員と、大学1年時から交流できるのがメリットという。

「1年からキャリア教育を行い、職業意識を高めることで、就職後のミスマッチも防げると考えています。また、院生は、学部生に比べて専門性が高い分、就職先の幅も限定されます。トップの学生以外、希望通りにならないこともある。OBの力は大きいとみています」(学生支援部・小林秀至部長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る