理科大は就職支援サイト設立 今どき受験生は“率”より“質”

公開日: 更新日:

 就職率より、優良企業内定率――。就職内定率95%の東京理科大が、就職・転職支援を行うビズリーチとキャリア教育支援の協定を結んだ。2014年に「東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社」を設立、ビズリーチと共同で就職支援サイト「ビズリーチ・キャンパス」を立ち上げる。

 在校生がオンライン上でOBやOGとつながるほか、企業の開催するイベント形式の交流会などに応募できるようになるという。OBらが講師となってキャリア教育の講座も開く予定。各企業の人事や先輩社員と、大学1年時から交流できるのがメリットという。

「1年からキャリア教育を行い、職業意識を高めることで、就職後のミスマッチも防げると考えています。また、院生は、学部生に比べて専門性が高い分、就職先の幅も限定されます。トップの学生以外、希望通りにならないこともある。OBの力は大きいとみています」(学生支援部・小林秀至部長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  8. 8

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る