理科大は就職支援サイト設立 今どき受験生は“率”より“質”

公開日: 更新日:

 就職率より、優良企業内定率――。就職内定率95%の東京理科大が、就職・転職支援を行うビズリーチとキャリア教育支援の協定を結んだ。2014年に「東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社」を設立、ビズリーチと共同で就職支援サイト「ビズリーチ・キャンパス」を立ち上げる。

 在校生がオンライン上でOBやOGとつながるほか、企業の開催するイベント形式の交流会などに応募できるようになるという。OBらが講師となってキャリア教育の講座も開く予定。各企業の人事や先輩社員と、大学1年時から交流できるのがメリットという。

「1年からキャリア教育を行い、職業意識を高めることで、就職後のミスマッチも防げると考えています。また、院生は、学部生に比べて専門性が高い分、就職先の幅も限定されます。トップの学生以外、希望通りにならないこともある。OBの力は大きいとみています」(学生支援部・小林秀至部長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  8. 8

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  9. 9

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  10. 10

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る