東大に続き慶大まで…最難関大学で“凌辱事件”がなぜ続く

公開日:

 頭のいいヤツはサディストか――。慶応大の学生によるレイプ報道で、こう思った人もいるだろう。

 9月初め、同大の広告学研究会の男子が“合宿所”に18歳の女子大生を連れ込み、泥酔させて集団レイプ。さらに女性の尻を叩き、顔と首に小便をかけてスマホで撮影したというから鬼畜の所業である。

 思い出すのは今年5月に起きた東大生の強制わいせつ事件だ。21歳の女子大生の陰毛をヘアドライヤーで熱し、割り箸で肛門をつつき、頭にカップラーメンをぶっかけた。どちらの事件も勉強ができる男たちが、サディスティックに女性を陵辱したことになる。

 犯罪行為と女性が了承している“プレー”とは全く別物であるが、「昔からインテリは陵辱を好む傾向がある」と言うのはSMに詳しい作家の神田つばき氏だ。

「Sの男性は医者や弁護士、パイロットみたいな頭のいい人が多い。これはSM界の常識です。とくに多いのが医者。ある産婦人科医は私の股間にこぶしを入れるフィストファックをしてきた。こぶしで女性を支配したかったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る