東大に続き慶大まで…最難関大学で“凌辱事件”がなぜ続く

公開日: 更新日:

 頭のいいヤツはサディストか――。慶応大の学生によるレイプ報道で、こう思った人もいるだろう。

 9月初め、同大の広告学研究会の男子が“合宿所”に18歳の女子大生を連れ込み、泥酔させて集団レイプ。さらに女性の尻を叩き、顔と首に小便をかけてスマホで撮影したというから鬼畜の所業である。

 思い出すのは今年5月に起きた東大生の強制わいせつ事件だ。21歳の女子大生の陰毛をヘアドライヤーで熱し、割り箸で肛門をつつき、頭にカップラーメンをぶっかけた。どちらの事件も勉強ができる男たちが、サディスティックに女性を陵辱したことになる。

 犯罪行為と女性が了承している“プレー”とは全く別物であるが、「昔からインテリは陵辱を好む傾向がある」と言うのはSMに詳しい作家の神田つばき氏だ。

「Sの男性は医者や弁護士、パイロットみたいな頭のいい人が多い。これはSM界の常識です。とくに多いのが医者。ある産婦人科医は私の股間にこぶしを入れるフィストファックをしてきた。こぶしで女性を支配したかったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る