東大に続き慶大まで…最難関大学で“凌辱事件”がなぜ続く

公開日: 更新日:

 頭のいいヤツはサディストか――。慶応大の学生によるレイプ報道で、こう思った人もいるだろう。

 9月初め、同大の広告学研究会の男子が“合宿所”に18歳の女子大生を連れ込み、泥酔させて集団レイプ。さらに女性の尻を叩き、顔と首に小便をかけてスマホで撮影したというから鬼畜の所業である。

 思い出すのは今年5月に起きた東大生の強制わいせつ事件だ。21歳の女子大生の陰毛をヘアドライヤーで熱し、割り箸で肛門をつつき、頭にカップラーメンをぶっかけた。どちらの事件も勉強ができる男たちが、サディスティックに女性を陵辱したことになる。

 犯罪行為と女性が了承している“プレー”とは全く別物であるが、「昔からインテリは陵辱を好む傾向がある」と言うのはSMに詳しい作家の神田つばき氏だ。

「Sの男性は医者や弁護士、パイロットみたいな頭のいい人が多い。これはSM界の常識です。とくに多いのが医者。ある産婦人科医は私の股間にこぶしを入れるフィストファックをしてきた。こぶしで女性を支配したかったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る