• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発達障害の特性を長所に “適材適所”で輝く仕事の選び方

 モデルの栗原類が「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」(KADOKAWA)を刊行し、話題を呼んでいる。

 栗原は過去にテレビ番組で、発達障害のひとつである「注意欠陥障害(ADD)」であることを告白しているが、実は他にも芸能界で、黒柳徹子、勝間和代、武田双雲などが発達障害であることをカミングアウトしている。事件を起こした高畑裕太も幼少期に発達障害と診断されていた。

 同じ障害でも、その後の活躍が大きく異なるのはなぜなのか。

「大人になってから自分が発達障害だと知ったり、あるいは子供が診断されると将来や社会生活に不安を抱く人は多いですが、発達障害は病気ではなく発達の偏りです。偏りは誰にでもありますが、発達障害の人はその偏りが際立っているのが特徴。逆にいえば偏りや特性をうまく活用できれば、社会で大きな活躍も期待できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る