• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発達障害の特性を長所に “適材適所”で輝く仕事の選び方

 モデルの栗原類が「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」(KADOKAWA)を刊行し、話題を呼んでいる。

 栗原は過去にテレビ番組で、発達障害のひとつである「注意欠陥障害(ADD)」であることを告白しているが、実は他にも芸能界で、黒柳徹子、勝間和代、武田双雲などが発達障害であることをカミングアウトしている。事件を起こした高畑裕太も幼少期に発達障害と診断されていた。

 同じ障害でも、その後の活躍が大きく異なるのはなぜなのか。

「大人になってから自分が発達障害だと知ったり、あるいは子供が診断されると将来や社会生活に不安を抱く人は多いですが、発達障害は病気ではなく発達の偏りです。偏りは誰にでもありますが、発達障害の人はその偏りが際立っているのが特徴。逆にいえば偏りや特性をうまく活用できれば、社会で大きな活躍も期待できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る