発達障害の特性を長所に “適材適所”で輝く仕事の選び方

公開日: 更新日:

 モデルの栗原類が「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」(KADOKAWA)を刊行し、話題を呼んでいる。

 栗原は過去にテレビ番組で、発達障害のひとつである「注意欠陥障害(ADD)」であることを告白しているが、実は他にも芸能界で、黒柳徹子、勝間和代、武田双雲などが発達障害であることをカミングアウトしている。事件を起こした高畑裕太も幼少期に発達障害と診断されていた。

 同じ障害でも、その後の活躍が大きく異なるのはなぜなのか。

「大人になってから自分が発達障害だと知ったり、あるいは子供が診断されると将来や社会生活に不安を抱く人は多いですが、発達障害は病気ではなく発達の偏りです。偏りは誰にでもありますが、発達障害の人はその偏りが際立っているのが特徴。逆にいえば偏りや特性をうまく活用できれば、社会で大きな活躍も期待できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  7. 7

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  10. 10

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

もっと見る