3年前まで現役サラリーマン 104歳が語るシンプルな仕事観

公開日: 更新日:

「今まで働いてきて疲れたと思ったことはない。普通だと思うことをただ続けてきただけ」という福井さんは、つい3年前の101歳まで現役で働いていた伝説のサラリーマンだ。神奈川県藤沢市の辻堂から神田まで、片道1時間かけて通勤していたというから驚く。そんな福井氏に100歳のリアルを聞いた。

■最近の人は早口が多い

「勤めに出ていたときは、5時半に起床、自分で朝食を用意していました。パン、サラダを少々、バナナ1本にヨーグルトというメニューです。長男の嫁に車で最寄り駅の辻堂まで送ってもらい、8時半の湘南ライナーに乗って通勤。昼食は、会社でみんなと弁当やマクドナルドで買って食べ、夜は2世帯住宅の息子家族の家で食べて、21時には就寝です。3年前に長男の嫁が、海外在住の娘(福井さんの孫)の出産サポートに行くのを機に、僕はケア付き住宅に入居しました。ごはんや家事はやってもらいますが、身の回りのことは自分でできています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る