アンチも気になる名古屋の“嫌われ方” どうすれば愛される

公開日: 更新日:

“行きたくない街”ナンバーワンという不名誉称号に、市民の8割は「仕方ない」「当然」と納得しているという。市外の人からも、ダサい、せこい、見えっ張りと散々なイメージが目立つ。「名古屋嫌い」が雑誌で大特集されたこともある。

 市は汚名返上で、市の魅力を一言で表すキャッチコピーの募集を始めたが、名古屋は、なぜそこまで嫌われるのか。名古屋ネタライターの大竹敏之氏が言う。

「名古屋人は自己評価が低く、PRがヘタという特徴があります。個性的な食文化や、国の特別史跡に指定されている名古屋城なども、表立って自慢するのは恥ずかしいという意識がある。でもこれは、日本人なら誰でも思い当たることではないでしょうか。国際社会の中で日本人は、PRが苦手でアイデンティティーが弱いと言われていますよね。つまり、日本人の気質を象徴するのが名古屋なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る