アンチも気になる名古屋の“嫌われ方” どうすれば愛される

公開日:

“行きたくない街”ナンバーワンという不名誉称号に、市民の8割は「仕方ない」「当然」と納得しているという。市外の人からも、ダサい、せこい、見えっ張りと散々なイメージが目立つ。「名古屋嫌い」が雑誌で大特集されたこともある。

 市は汚名返上で、市の魅力を一言で表すキャッチコピーの募集を始めたが、名古屋は、なぜそこまで嫌われるのか。名古屋ネタライターの大竹敏之氏が言う。

「名古屋人は自己評価が低く、PRがヘタという特徴があります。個性的な食文化や、国の特別史跡に指定されている名古屋城なども、表立って自慢するのは恥ずかしいという意識がある。でもこれは、日本人なら誰でも思い当たることではないでしょうか。国際社会の中で日本人は、PRが苦手でアイデンティティーが弱いと言われていますよね。つまり、日本人の気質を象徴するのが名古屋なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る