• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アンチも気になる名古屋の“嫌われ方” どうすれば愛される

“行きたくない街”ナンバーワンという不名誉称号に、市民の8割は「仕方ない」「当然」と納得しているという。市外の人からも、ダサい、せこい、見えっ張りと散々なイメージが目立つ。「名古屋嫌い」が雑誌で大特集されたこともある。

 市は汚名返上で、市の魅力を一言で表すキャッチコピーの募集を始めたが、名古屋は、なぜそこまで嫌われるのか。名古屋ネタライターの大竹敏之氏が言う。

「名古屋人は自己評価が低く、PRがヘタという特徴があります。個性的な食文化や、国の特別史跡に指定されている名古屋城なども、表立って自慢するのは恥ずかしいという意識がある。でもこれは、日本人なら誰でも思い当たることではないでしょうか。国際社会の中で日本人は、PRが苦手でアイデンティティーが弱いと言われていますよね。つまり、日本人の気質を象徴するのが名古屋なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る