• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アンチも気になる名古屋の“嫌われ方” どうすれば愛される

“行きたくない街”ナンバーワンという不名誉称号に、市民の8割は「仕方ない」「当然」と納得しているという。市外の人からも、ダサい、せこい、見えっ張りと散々なイメージが目立つ。「名古屋嫌い」が雑誌で大特集されたこともある。

 市は汚名返上で、市の魅力を一言で表すキャッチコピーの募集を始めたが、名古屋は、なぜそこまで嫌われるのか。名古屋ネタライターの大竹敏之氏が言う。

「名古屋人は自己評価が低く、PRがヘタという特徴があります。個性的な食文化や、国の特別史跡に指定されている名古屋城なども、表立って自慢するのは恥ずかしいという意識がある。でもこれは、日本人なら誰でも思い当たることではないでしょうか。国際社会の中で日本人は、PRが苦手でアイデンティティーが弱いと言われていますよね。つまり、日本人の気質を象徴するのが名古屋なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る