四国遍路したつもりに 簡易パワースポットは御利益ある?

公開日: 更新日:

 最近は外国人観光客の関心も高まってきている「四国遍路」。“パワースポット”感覚の若者も多いらしいが、88カ所を徒歩で巡るには、最低でも1カ月以上はかかる。「御利益は得たいけど、お金も時間もない」というモノグサに、ひそかに人気なのが“簡易版”なんだとか。

「たとえば、埼玉県秩父市の西光寺には四国88カ所の仏を安置する回廊堂があって、一度にぐるっと回るだけで、四国遍路と同じ御利益を得られるといわれています。これは庶民が気軽に旅もできなかった時代の知恵で、簡易版には西光寺のような“ミニ霊場”の他に、88カ所の札所の砂を集め、砂を踏みながらお参りする『お砂踏み』などがあります」(旅行雑誌編集者)

 富士登山と同じ御利益があると江戸時代から信仰が深まったという「富士講」、伊勢参りの「伊勢講」なんかも、簡易版といえば簡易版だ。神社仏閣やパワースポットに関する取材もしているライターの宮川宙氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  9. 9

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  10. 10

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

もっと見る