日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

千葉県で「カメハンター」採用 地方自治体の意外な仕事

 千葉県が昨年11月、県内で繁殖するカミツキガメを捕獲するため、専門知識を持つ職員を公募。今月1日、ペットショップに勤務する今津健志さん(33)が、「カメハンター」として職員(任期3年)に採用された。

 今津さんは10歳からカメにハマり、東邦大理学部生物学科を経て明治大大学院博士前期課程修了後、県の環境財団などでカメの生態や、その生息地域の研究に取り組んだ、正真正銘の「カメ博士」だ。

 千葉県は全国的に見てもカミツキガメの生息数が多く、印旛沼周辺には1万6000匹以上が生息していると推定されている。

「大量繁殖が確認されたことで、新たな捕獲方法を開発するために専門知識を持つ職員を公募することにしました」(県生物多様性センター)

 応募したのは6人で、書類選考と面接で採用が決まった。当初は主査級ないし副主幹級として、年収540万~670万円ということだったが、主査級より下の技師職になったため、それより多少低いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事