千葉県で「カメハンター」採用 地方自治体の意外な仕事

公開日:

 千葉県が昨年11月、県内で繁殖するカミツキガメを捕獲するため、専門知識を持つ職員を公募。今月1日、ペットショップに勤務する今津健志さん(33)が、「カメハンター」として職員(任期3年)に採用された。

 今津さんは10歳からカメにハマり、東邦大理学部生物学科を経て明治大大学院博士前期課程修了後、県の環境財団などでカメの生態や、その生息地域の研究に取り組んだ、正真正銘の「カメ博士」だ。

 千葉県は全国的に見てもカミツキガメの生息数が多く、印旛沼周辺には1万6000匹以上が生息していると推定されている。

「大量繁殖が確認されたことで、新たな捕獲方法を開発するために専門知識を持つ職員を公募することにしました」(県生物多様性センター)

 応募したのは6人で、書類選考と面接で採用が決まった。当初は主査級ないし副主幹級として、年収540万~670万円ということだったが、主査級より下の技師職になったため、それより多少低いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る