アスクル倉庫火災は長期化 急増する大型物流施設の盲点

公開日:

 ネット通販の成長で急増している「大型物流施設」の盲点が露呈した。埼玉・三芳町のアスクル物流倉庫火災は、出火から22日で6日目。収束しつつあるとはいえ、いまだに鎮火のメドは立っていない。4万平方メートルが焼失した昨年末の新潟・糸魚川大火ですら約30時間で鎮火しただけに、凄まじい。

 出火場所は1階とみらられるが、3階建て倉庫の2、3階には窓などの開口部がほとんどないため、放水が難しい。消火活動が長引いたわけで、延べ床面積約7万2000平方メートルのうち半分以上が焼けている。

 アスクルによると、消防法にのっとって倉庫内にスプリンクラーや消火器などを設置したというが、東京消防庁OBで市民防災研究所の坂口隆夫事務局長はこう話す。

「(デパートなど)一般的な商業施設では排煙設備などの設置を法律で義務付けていますが、倉庫によっては品質管理などの面から設置の対象外となり、窓も非常用として必要な数だけでいい。平屋の『一般倉庫』ではスプリンクラーの設置義務もないため、火災に弱い倉庫が多いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る