医療機関が運営 メディカルフィットネスを体験してみた

公開日: 更新日:

 生活習慣病の予防には運動が効果的だとは分かっている。しかし、スポーツジムに入会しても続かない、意気込んでランニングを始めたら足腰を痛めてしまったなんて中高年も多い。そんな人にオススメなのが「メディカルフィットネス」だ。

 メディカルフィットネスとは、主に医療機関が運営するフィットネスクラブのこと。利用者の健康状態や体力を詳しく調べた上で、医学的な根拠に基づいた運動プログラムを提供するのが特徴だ。医師や看護師などの医療スタッフ、運動を指導するトレーナー、食事をアドバイスする管理栄養士などが連携してサポートに当たる。

 現在、全国で約220施設が認定されていて、健康志向の高まりから注目されている。40代中盤の記者もメタボが気になる。両国東口クリニック(東京・墨田区)が運営する「T’s Energy(ティーズエナジー)」を見学してみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る