• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

医療機関が運営 メディカルフィットネスを体験してみた

投稿日:

 生活習慣病の予防には運動が効果的だとは分かっている。しかし、スポーツジムに入会しても続かない、意気込んでランニングを始めたら足腰を痛めてしまったなんて中高年も多い。そんな人にオススメなのが「メディカルフィットネス」だ。

 メディカルフィットネスとは、主に医療機関が運営するフィットネスクラブのこと。利用者の健康状態や体力を詳しく調べた上で、医学的な根拠に基づいた運動プログラムを提供するのが特徴だ。医師や看護師などの医療スタッフ、運動を指導するトレーナー、食事をアドバイスする管理栄養士などが連携してサポートに当たる。

 現在、全国で約220施設が認定されていて、健康志向の高まりから注目されている。40代中盤の記者もメタボが気になる。両国東口クリニック(東京・墨田区)が運営する「T’s Energy(ティーズエナジー)」を見学してみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る