スマホ修理「登録修理業者制度」 施行2年もなぜ浸透せず

公開日:  更新日:

 スマホの画面が割れた、水没させた――そんな時、修理業者に頼った人は少なくないだろう。スマホのメーカーやキャリアーの修理窓口は、時間や費用がかかるからだが、修理屋も何を基準に選べばいいのか分からない。

 そんな時に役に立つのが「登録修理業者制度」だ。電波法と電気通信事業法に基づき、修理方法など一定の基準を満たした修理業者は、総務大臣の登録を受けることができる。いわば“お墨付き”だが、2年前にスタートしているのに、ほとんど知られていない。

 総務省のHPによると、今年4月27日現在、登録修理業者は19(個人も含む)。「ゲオ」や「AppBank Store」などの大手も含まれるが、全体から見るとごく一部だ。

 登録制で、基本的には届け出すればOK。許可制よりハードルは低いが、なぜ登録修理業者は増えないのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る