納税返礼品にヤクルトレディ 高齢化自治体の仰天アイデア

公開日: 更新日:

 何かと話題のふるさと納税。自治体による“豪華”返礼品競争が過熱し、総務省が返礼品の見直しを4月1日に通達したばかりだ。そんな中、栃木県小山市が仰天アイデアを打ち出した。

 市と両毛ヤクルト販売が提携して「ヤクルトレディ」による“サービス”を返礼品の目玉としたのだ。

「ヤクルトレディの方が、高齢者のお宅にヤクルトを手渡しに行き、体調や生活の変化がないか『見守る』サービスです。小山市に高齢の親御さんや親戚のいる市外の方を寄付者として想定しており、訪問した際の結果を寄付者にメールでお知らせします。週1回、1年間配達の場合、寄付金額は10万5000円で、2週間に1回、半年間の場合は2万7000円です。6月からの運用開始を目指しています」(小山市広報課)

「見守り活動」とは聞こえはいいが、トラブルの懸念はないのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    菅原前経産相の再選後押し 立憲・国民の不毛なメンツ争い

  9. 9

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  10. 10

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る