悪質業者が横行 手軽で格安“マッチングサイト”の落とし穴

公開日:

 マッチングサイトが花盛りだ。

 マッチングといっても男女の出会いだけじゃない。ベビーシッターや家事代行、家庭教師をはじめ、最近は、出張撮影してくれるカメラマンの紹介も人気なんだとか。

 家族や恋人の記念日にスマホで撮るのは味気ない。かといって、写真館では大袈裟すぎるし、お金もかかる。

「たとえば結婚式で、ブライダル業者を通じてカメラマンを頼むと、仲介手数料などを含めて10万円、20万円かかるケースもあります。一方、出張撮影のマッチングサイトでカメラマンを探せば、その10分の1ほどの料金で済みます。要するに、ちょっとした記念日なんかに、“SNS映え”するカッコイイ写真を、手軽に、割安で撮ってもらえるというわけです。コスパのよさもウケているようですね」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る