悪質業者が横行 手軽で格安“マッチングサイト”の落とし穴

公開日:

 マッチングサイトが花盛りだ。

 マッチングといっても男女の出会いだけじゃない。ベビーシッターや家事代行、家庭教師をはじめ、最近は、出張撮影してくれるカメラマンの紹介も人気なんだとか。

 家族や恋人の記念日にスマホで撮るのは味気ない。かといって、写真館では大袈裟すぎるし、お金もかかる。

「たとえば結婚式で、ブライダル業者を通じてカメラマンを頼むと、仲介手数料などを含めて10万円、20万円かかるケースもあります。一方、出張撮影のマッチングサイトでカメラマンを探せば、その10分の1ほどの料金で済みます。要するに、ちょっとした記念日なんかに、“SNS映え”するカッコイイ写真を、手軽に、割安で撮ってもらえるというわけです。コスパのよさもウケているようですね」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る