• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

悪質業者が横行 手軽で格安“マッチングサイト”の落とし穴

 マッチングサイトが花盛りだ。

 マッチングといっても男女の出会いだけじゃない。ベビーシッターや家事代行、家庭教師をはじめ、最近は、出張撮影してくれるカメラマンの紹介も人気なんだとか。

 家族や恋人の記念日にスマホで撮るのは味気ない。かといって、写真館では大袈裟すぎるし、お金もかかる。

「たとえば結婚式で、ブライダル業者を通じてカメラマンを頼むと、仲介手数料などを含めて10万円、20万円かかるケースもあります。一方、出張撮影のマッチングサイトでカメラマンを探せば、その10分の1ほどの料金で済みます。要するに、ちょっとした記念日なんかに、“SNS映え”するカッコイイ写真を、手軽に、割安で撮ってもらえるというわけです。コスパのよさもウケているようですね」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る