• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マッチングアプリ」と「相談所」 婚活でどう使い分ける

「今年こそ結婚する」と意気込んでいる人もいるだろう。ここ数年“婚活市場”のシェアを急拡大させているのが、SNSを利用してパートナーを探せる「婚活マッチングアプリ」だ。

「要するに、婚活に特化したちょっと安全な“出会い系サイト”です。アプリの運営会社が、利用者の顔写真や年齢などのプロフィルにウソがないかを証明書などでチェックするため、何のサポートもない怪しげな出会い系に比べたらまだ安心、というわけです」(ブライダル業界関係者)

 大手の「結婚相談所」の初期費用は入会金などを含めて十数万円、それと別に月会費が1万5000円ほどかかる。

■“本気度”が高いのは?

 それに対して婚活アプリの月会費は女性が基本無料、男性の相場が3000~4000円と格安なのもウケて、利用者が急増中だ。フェイスブックを利用する国内最大級のマッチングアプリ「ペアーズ」は、累計会員数450万人以上をうたっている。結婚相談所大手「楽天オーネット」は約4万6600人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る