「マッチングアプリ」と「相談所」 婚活でどう使い分ける

公開日: 更新日:

「今年こそ結婚する」と意気込んでいる人もいるだろう。ここ数年“婚活市場”のシェアを急拡大させているのが、SNSを利用してパートナーを探せる「婚活マッチングアプリ」だ。

「要するに、婚活に特化したちょっと安全な“出会い系サイト”です。アプリの運営会社が、利用者の顔写真や年齢などのプロフィルにウソがないかを証明書などでチェックするため、何のサポートもない怪しげな出会い系に比べたらまだ安心、というわけです」(ブライダル業界関係者)

 大手の「結婚相談所」の初期費用は入会金などを含めて十数万円、それと別に月会費が1万5000円ほどかかる。

■“本気度”が高いのは?

 それに対して婚活アプリの月会費は女性が基本無料、男性の相場が3000~4000円と格安なのもウケて、利用者が急増中だ。フェイスブックを利用する国内最大級のマッチングアプリ「ペアーズ」は、累計会員数450万人以上をうたっている。結婚相談所大手「楽天オーネット」は約4万6600人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る