「マッチングアプリ」と「相談所」 婚活でどう使い分ける

公開日:

「今年こそ結婚する」と意気込んでいる人もいるだろう。ここ数年“婚活市場”のシェアを急拡大させているのが、SNSを利用してパートナーを探せる「婚活マッチングアプリ」だ。

「要するに、婚活に特化したちょっと安全な“出会い系サイト”です。アプリの運営会社が、利用者の顔写真や年齢などのプロフィルにウソがないかを証明書などでチェックするため、何のサポートもない怪しげな出会い系に比べたらまだ安心、というわけです」(ブライダル業界関係者)

 大手の「結婚相談所」の初期費用は入会金などを含めて十数万円、それと別に月会費が1万5000円ほどかかる。

■“本気度”が高いのは?

 それに対して婚活アプリの月会費は女性が基本無料、男性の相場が3000~4000円と格安なのもウケて、利用者が急増中だ。フェイスブックを利用する国内最大級のマッチングアプリ「ペアーズ」は、累計会員数450万人以上をうたっている。結婚相談所大手「楽天オーネット」は約4万6600人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る