炭酸の“直接飲み”定着させた「ウィルキンソン タンサン」

公開日: 更新日:

 無糖の「ウィルキンソン タンサン」を主力とする、アサヒ飲料の炭酸水ブランド「ウィルキンソン」が絶好調だ。

 刺激強めの“強炭酸”がウケて、2008年から9年連続で売り上げを伸ばしている。とくにペットボトルを投入した11年以降は毎年2ケタ成長。16年は過去最高となる1630万箱を売り上げた。

「ウィルキンソン タンサン」は、1904年の発売から110年超の歴史をもつ本格炭酸水である。1889年ごろに兵庫県の山中で発見された炭酸鉱泉がはじまりで、日本産の良質な炭酸水は国内外で高い評価を得てきた。そんなベースがあってこその現在の展開だ。

「11年のペットボトルの発売を機に、炭酸水の“直接飲用”を訴求。いまでは当たり前の飲用スタイルをいち早く提案し、定着させたことがいまの好調につながっている」(マーケティング本部の齋藤亜未氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る