炭酸の“直接飲み”定着させた「ウィルキンソン タンサン」

公開日: 更新日:

 無糖の「ウィルキンソン タンサン」を主力とする、アサヒ飲料の炭酸水ブランド「ウィルキンソン」が絶好調だ。

 刺激強めの“強炭酸”がウケて、2008年から9年連続で売り上げを伸ばしている。とくにペットボトルを投入した11年以降は毎年2ケタ成長。16年は過去最高となる1630万箱を売り上げた。

「ウィルキンソン タンサン」は、1904年の発売から110年超の歴史をもつ本格炭酸水である。1889年ごろに兵庫県の山中で発見された炭酸鉱泉がはじまりで、日本産の良質な炭酸水は国内外で高い評価を得てきた。そんなベースがあってこその現在の展開だ。

「11年のペットボトルの発売を機に、炭酸水の“直接飲用”を訴求。いまでは当たり前の飲用スタイルをいち早く提案し、定着させたことがいまの好調につながっている」(マーケティング本部の齋藤亜未氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る