拳銃の在りか嗅ぎつけた“ハイブリッド犬”の並外れた能力

公開日: 更新日:

「刑事犬カール」も顔負けのお手柄だ。

 警視庁は自宅に回転弾倉式拳銃1丁と32口径の実弾5発を保管所持したとして、指定暴力団住吉会系組員の間瀬伴紀容疑者(32)を銃刀法違反(加重所持)の疑いで逮捕した。床下にあった「証拠品」を嗅ぎつけたのが警察犬「ムーンロケット号」で、ラブラドルレトリバーの3歳のオス。

「間瀬の自宅は30坪の木造2階建てで、捜査員がムーンロケット号を連れて1階を捜索していたところ反応したため、床下を調べたらビニール袋に入った拳銃と実弾が出てきた。ムーンロケット号は薬物と銃器を捜索できる“ハイブリッド犬”で、火薬の臭いに反応したようです」(捜査事情通)

 日本警察犬協会の担当者がこう言う。

「警察犬は遺留物を見つけても吠えず、その場に座ったり、伏せをして指導者を待ちます。警察犬が口でくわえたりして臭いがつくと、証拠品にならなくなる可能性があるから。警察犬には警察で一から飼育管理する直轄警察犬と、民間でやる嘱託警察犬がいます。警視庁の警察犬はすべて直轄警察犬。銃器と薬物の臭いを嗅ぎ分けるには相当な能力の高さが求められ、直轄でないとそこまで訓練するのは難しい。ですから、そんなに数は多くいません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る