• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

拳銃の在りか嗅ぎつけた“ハイブリッド犬”の並外れた能力

「刑事犬カール」も顔負けのお手柄だ。

 警視庁は自宅に回転弾倉式拳銃1丁と32口径の実弾5発を保管所持したとして、指定暴力団住吉会系組員の間瀬伴紀容疑者(32)を銃刀法違反(加重所持)の疑いで逮捕した。床下にあった「証拠品」を嗅ぎつけたのが警察犬「ムーンロケット号」で、ラブラドルレトリバーの3歳のオス。

「間瀬の自宅は30坪の木造2階建てで、捜査員がムーンロケット号を連れて1階を捜索していたところ反応したため、床下を調べたらビニール袋に入った拳銃と実弾が出てきた。ムーンロケット号は薬物と銃器を捜索できる“ハイブリッド犬”で、火薬の臭いに反応したようです」(捜査事情通)

 日本警察犬協会の担当者がこう言う。

「警察犬は遺留物を見つけても吠えず、その場に座ったり、伏せをして指導者を待ちます。警察犬が口でくわえたりして臭いがつくと、証拠品にならなくなる可能性があるから。警察犬には警察で一から飼育管理する直轄警察犬と、民間でやる嘱託警察犬がいます。警視庁の警察犬はすべて直轄警察犬。銃器と薬物の臭いを嗅ぎ分けるには相当な能力の高さが求められ、直轄でないとそこまで訓練するのは難しい。ですから、そんなに数は多くいません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る