藤井四段の並外れた「集中力」 中高年は回復できるのか

公開日:

 残念ながら連勝記録は29でストップしたが、将棋の藤井聡太四段(14)の並外れた「集中力」には感嘆せざるを得ない。

 新記録樹立の要因なのは誰もが認めるところで、母親の裕子さんは息子の性格を、「好きなことには本当に夢中になる。他のことに注意がいかなくなるぐらい」と語っている。

 藤井四段のそうした才能は幼児期の「モンテッソーリ教育」で開花したなんて話もあるが、今さら幼児に戻れるわけもない。

 それでも藤井四段の大活躍を見て「俺も集中力を高めたい」と思った中高年もいるだろう。

 医学博士の米山公啓氏によると、人間は50歳を境に脳の前頭前野が萎縮して、集中力が低下。能力を回復するには、男性ホルモンのテストステロンが重要という。

「テストステロンの分泌を活発化させるのが、適度な運動です。1日40分のウオーキングなどが効果的で、さらに言えば、歩きながら難しいことを考えるのがいい。中高年の集中力低下は、2つのことを一緒に行う『同時処理能力』の退化に起因していることが多いからです。“歩くこと”と、“考えること”を同時に行ううちに同時処理能力が回復します」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る