ヒアリ毒でショック死も ハチ刺され経験アリの人が危ない

公開日:

 いよいよ“日本定着”が現実味を帯びてきた。神戸、名古屋港に続き、今度は大阪市住之江区の大阪南港で、女王アリとみられる「ヒアリ」が確認された。環境省は繁殖の可能性を含めて調査を進めている。

 南米中部原産のヒアリの何が怖いかと言えば、毒性が強く、毒針で刺されると、人によっては重度の即時型のアレルギー反応「アナフィラキシーショック」で死ぬ可能性があるということだ。

「ヒアリの毒はハチの毒に似ているので、過去にハチに刺されたことがあるという人はアナフィラキシーのリスクが高まります」(環境省外来生物対策室担当者)

 大袈裟な話というわけでもなくて、日本アレルギー学会「アナフィラキシーガイドライン」によると、日本で過去にアナフィラキシーを起こしたことがある小学生は0.6%、中学生0.4%、高校生0.3%と、幼い子供ほど危ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る