ヒアリ毒でショック死も ハチ刺され経験アリの人が危ない

公開日:

 いよいよ“日本定着”が現実味を帯びてきた。神戸、名古屋港に続き、今度は大阪市住之江区の大阪南港で、女王アリとみられる「ヒアリ」が確認された。環境省は繁殖の可能性を含めて調査を進めている。

 南米中部原産のヒアリの何が怖いかと言えば、毒性が強く、毒針で刺されると、人によっては重度の即時型のアレルギー反応「アナフィラキシーショック」で死ぬ可能性があるということだ。

「ヒアリの毒はハチの毒に似ているので、過去にハチに刺されたことがあるという人はアナフィラキシーのリスクが高まります」(環境省外来生物対策室担当者)

 大袈裟な話というわけでもなくて、日本アレルギー学会「アナフィラキシーガイドライン」によると、日本で過去にアナフィラキシーを起こしたことがある小学生は0.6%、中学生0.4%、高校生0.3%と、幼い子供ほど危ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る